スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこ、念願のアジアナンバー1へ

女子アジアカップ決勝
日本 10 オーストラリア


風写真


今週末はチャンピオンズリーグに、女子アジアカップと、サッカー三昧。なんかもう1試合あった気もするけど・・・

チャンピオンズリーグ、残り数分からのレアルの大逆転劇も見事でしたが、過密日程に苦しみながらも、最後まで耐え抜いて念願のアジアナンバー1を獲得したなでしこは素晴らしい。

さあ、男子はいよいよ本番。目標の優勝に向けて、意地を見せなければ。




本文


仙台ブログ



リード


写真1


文1


 1 GK 川島永嗣 (31=スタンダール)
 2 DF 内田篤人 (26=シャルケ)
 3 DF 酒井高徳 (23=シュツットガルト)
 4 FW 本田圭佑 (27=ACミラン)
 5 DF 長友佑都 (27=インテルミラノ)
 6 DF 森重真人 (27=東京)
 7 MF 遠藤保仁 (34=G大阪)
 8 FW 清武弘嗣 (24=ニュルンベルク)
 9 FW 岡崎慎司 (28=マインツ)
10 FW 香川真司 (25=マンチェスターU)
11 FW 柿谷曜一朗(24=C大阪)
12 GK 西川周作 (27=浦和)
13 FW 大久保嘉人(31=川崎F)
14 MF 青山敏弘 (28=広島)
15 DF 今野泰幸 (31=G大阪)
16 MF 山口 蛍 (23=C大阪)
17 MF 長谷部誠 (30=ニュルンベルク)
18 FW 大迫勇也 (24=1860ミュンヘン)
19 DF 伊野波雅彦(28=磐田)
20 FW 斎藤 学 (24=横浜)
21 DF 酒井宏樹 (24=ハノーバー)
22 DF 吉田麻也 (25=サウサンプトン)
23 GK 権田修一 (25=東京)


写真5


文5


写真6


文6


写真7


文7


写真8


文8


写真9


文9


写真10


文10
スポンサーサイト

ナビスコ鳥栖戦、J2の試合の方がアツくてどうするんだ?

鳥栖 20 仙台


J2の3位松本vs2位磐田の上位対決は、ホームの圧倒的な後押しに応えて最後まで走り抜いた松本。その松本に2点のリードを許しながらも、最後まで勝ちを諦めず、結果的に1点を返して2位を死守した磐田。

両チームの手に汗を握るプレーは、勝っても負けても納得がいくほど素晴らしかった。怪我をも恐れず、最後まで前に向かって戦う姿勢を失わない。これぞプロの試合



それに引き替え、鳥栖と対戦したベガルタは、負ければナビスコカップ敗退が決まるにも関わらず、絶対に勝つんだと言う強い気持ちがまったく感じられず、気の抜けた緩慢なプレーからミスを連発。ディフェンスラインでただダラダラとボールを回すだけで、スピード感もまったく感じられず、当然ながら得点の気配もほとんどなし。

J2でもあれだけのプレーを見せられるのに、J1のチームとして、こんな試合は情けなさすぎないか?

厳しいけれど、すべての試合で100%のパフォーマンスを見せない選手はプロではない。猛省すべし。



仙台ブログ

ナビスコカップ鳥栖戦は、二見に注目!

~今日の風~


DSC02195.jpg


リラックス




ワールドカップでリーグ戦中断期間中ですが、本日はナビスコカップ鳥栖戦です。


仙台ブログ



20年目のベガルタ、1つの楽しみは相手チームに元ベガルタの選手が増えてきていること。徳島戦の斉藤さん、広島戦の寿人に卓人に森保監督と、拍手で称えたい選手、ブーイングを浴びせたい選手など、これもサッカー観戦の楽しみ。

もちろん鳥栖にも高橋義希に、最近出場機会が減っているものの磯崎と、対戦が楽しみな選手が広がっているのは、ベガルタが歴史を刻んできた20年間の証でもありますね。


さて、ここまで1分2敗、勝ち点「1」とグループA5位に沈むベガルタ。グループ首位の清水、2位G大阪が勝ち点9で並んでおり、ベガルタが残り3試合をすべて勝っても勝ち点10ですから、上位2チームが1勝すれば敗退が決まる崖っぷちです。

対戦相手の鳥栖もここまで3戦全敗の最下位と、こちらも崖っぷち。ともW杯代表がいない両チームにとって、再開後のリーグ戦を見据えてのテストマッチという意味合いもありそうです。

そんな中、ベガルタは久々に二見が左サイドでの先発予想。大型新人と期待されて入団、ロングスローでスタジアムを沸かせたものの、戦術が合わなかったことおあり、ここまで先発6戦で未勝利と、持ち直したチーム状態の中でも1人出遅れた感がありますね。

渡辺監督になってからは、攻撃的MFが両サイドに張りっぱなしの状態から、バランスよく中を使うことが増え両CBが上がりやすい状態になっていることから、二見の「攻撃力」が活きる状態になっているはず。

二見がサイドに定着すれば、石川がCBに戻ることによりDFの層が厚くなって、さらには角田、富田、武井のボランチの競争も激しくなるなど、チーム全体が活性化するはず。

今日の鳥栖戦では、大型新人の本当の力を、是非とも見せて欲しいところですね。

2014天皇杯日程決まる。2回戦からのベガルタの対戦相手は?

~今日の風~

1394435601057_201405192159101ff.jpg


ひなたぼっこ




「2014 SOCIO CLUBファン感謝の集い」は6月15日開催。え???この日はもしや、いや、間違いなく10時からワールドカップの日本代表初戦がある日ではないですか。となると、10時からユアスタでPVやって、その後にファン感なのかな?それなら例年以上に集まるかもしれませんね。いえ、きっとそうですよね???

第94回天皇杯の日程が発表になりました。2回戦7月12日から登場となるベガルタの対戦相手は、福島県代表vs奈良県代表の勝者。となると!順調ならJ3の福島ユナイテッドか、奈良クラブの勝者・・・ということは!福島ならば 小林康剛 、奈良ならば シュナイダーと岡やん! これはどちらのチームが勝ちあがって来ても、楽しみな組合せになりました。両県代表が決まる6月29日が楽しみです。

2回戦をベガルタが順当に勝ち上がれば、3回戦でジュビロ磐田、ラウンド16ではセレッソ大阪と対戦の見込み。昨年、成しえなかった初タイトルの獲得へ向けて、1つ1つ、確実に勝ち上がってもらいたいものです。

新システムの天皇杯、決勝は12月13日。

仙台ブログ



中断前の広島戦、王者を下し4連勝


この日の審判は西村雄一、相樂 亨、名木利幸のワールドカップ代表トリオ。

DSC_0003_20140518232349215.jpg

赤嶺に対する後ろからの飛蹴りもカードを出さなかったのは、早くも南米仕様のジャッジだから?

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

仙台ブログ


創建ホームマッチデーの招待客で久しぶりの18000人台。普段は空席が目立つSバック上段はレプを持たないサポーターを中心に満席。どうやら初観戦の方が多そうですし、こういう日は是非とも素晴らしいパフォーマンスを発揮して、再びスタジアムに足を運んでもらえるようにしたいところです。

DSC_0029_20140519064234f86.jpg

試合は広島のキックオフでスタート。

DSC_0005_2014051823235008b.jpg

試合は前半16分、太田の突破で得たスローインを、ウイルソンがダイレクトで折り返し、赤嶺が下がりながらのボレー。これには相手の某キーパーもまったく反応できず、電光石火のゴールでベガルタが先制!

DSC_0006_20140518232352d7d.jpg

広島はACL遠征を含む11連戦の影響か全体に体が重そうで、ボールに対する出足はベガルタが上回ります。どうやら広島は疲労を考慮して前半は体力温存の戦術の様子で、前半はベガルタリードのまま終了。

DSC_0007_2014051823235325b.jpg

チアリーダー、今年は人数も増えて、ハーフタイムには新しいパフォーマンスも。もっと拍手してあげたいですね。

DSC_0012_20140518232354add.jpg

広島は後半開始から日本代表の青山を投入し逆転を狙いに来ます。そしてホーム側に某キーパー。ボールが渡るたびに大ブーイング。そのせいか、某キーパーは素早いボールの返しが目立ちます。

DSC_0013_20140518232854401.jpg

広島は高い位置に居座るミキッチ、清水から何度もサイドを崩しにかかりますが、ミキッチに対しては石川直と梁が、清水に対しては菅井と太田が、常に複数で囲い込んで、フリーでの決定的チャンスを作らせません。逆にベガルタはカウンターから両サイドが上がった広島DFの裏を突き、何度もチャンスを作ります。

DSC_0015_2014051823285586b.jpg

ウイルソンのスルーパスから赤嶺のループは、惜しくもバーの上

DSC_0018_2014051823285650c.jpg

ウイルソン が 突破からシュートを放つも、ボールは惜しくもゴール左へ

DSC_0027 (1)

ウイルソン 、今度はシュート性のクロスをあげるが、惜しくも赤嶺触れず

DSC_0033_20140518233034efe.jpg

何度も惜しい場面を作りながら、試合を決定づけられないのは、これまた昨年までのベガルタが帰ってきたということか・・・。しかし、守備陣の奮闘、そして新ボンバーイエ健太郎の好守もあって、長めのロスタイムを守りきり、J1再昇格以来初めての対広島戦勝利。

DSC_0039_2014051823303697c.jpg

もちろん、今日の広島のパフォーマンスが本来の広島の姿だとは思いませんが、勝ちは勝ち。しかもこれで5月は4連勝となり、順位も11位浮上です。

しかし、「買って兜の緒を締めよ」です。11位と言っても降格圏の16位G大阪とは勝点差は僅かに「3」。12位横浜FM、13位C大阪は1試合少ない結果ですし、他チームに比べて圧倒的に悪い得失点差のビハインドを考えると、まだまだ安心するわけには行きませんね。

DSC_0046_2014051823303969d.jpg

とはいえ、今年のJリーグはここまで14節を終えて首位浦和ですら既に3敗、12位横浜FMまでの勝ち点差が12と、他を圧倒するチームがいない混戦模様ですし、ACL組のハードスケジュールに起因するここまでの苦戦、さらにW杯後の選手移籍などを考えると、再開後はさらに混戦に拍車がかかりそうな状況です。

ベガルタにしても上を見ればACL圏内の3位神戸とは僅か勝点6差と、まだまだチャンスはありますから、代表組がいない事を利点に、この中断期間中にもっともっと連携を高めて、さらに上を目指して欲しいですね。

| NEXT>>

J's GOAL
最新記事
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー(月別)
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

ベガルタ仙台 サッカー 仙台 ユアスタ Jリーグ グルメ  ラーメン 日本代表 カフェ 楽天イーグルス 旅行 

1,110,481 +
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

さっかーおやぢ

Author:さっかーおやぢ
サッカー暦は小学4年から。現在は観る側専門に。タイトルに通り7年間ユアスタ自由南を根城にしていたものの、寄る年波から入場の行列に疲れ果て2012年よりSバックに昇格?しました。東北楽天は創立以来ゴールド会員で応援してます。オフシーズンネタとしてスタートした食べ歩きは、居酒屋からカフェ・スイーツまで、夫婦で食べ歩いた仙台のお店をご紹介しています。

リンク
RSSリンクの表示
ユアスタ自由南のQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。