スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水戸戦、4−1完勝

快晴、気温19度。ユアスタは今シーズン最高の天気。しかし連休前の深酒で自分の体調は最悪。シージェッター海斗もシュートを外す。

ベガルタの立ち上がりは自分と同じ?く、なんだか不調・・・固さが見られ、ミスから相手にボールを奪われる。水戸は奪ったボールをサイドに開き、ベガルタゴールに迫る。そしてゴール正面、木谷のファールからFKを決められ
失点。あの位置からのFKは入れられても仕方ない。むしろあそこでファールしなければならなかったバランスの悪さが課題。

このままズルズル前半終了かと思ったら、出ました、直樹の技ありビューティフルゴール。いや素晴らしい。これで同点で前半終了かと思いきや、立て続けにチアゴ。相手GKのタイミングを外すようにゴール隅に流し込む。ベガルタ、逆転。ユアスタは大興奮のままハーフタイムへ。

後半。リードした仙台は強い。ゆったりとしたボール回しからチャンスを伺う。前半いまひとつだったロペスも、後半は長いリーチを活かしたスルーパス、そのスルーパスから菅井。あまりにも早くて、GOOLのコールまで入ったのかわからなかったビューティフルゴール。

そして今日の試合、これまでと違ったのは、今までボールを受けると自力で突破しにいっていたボルジェスが、ポストになってボールを味方に素早く叩くプレーに徹していたこと。インタビューで言っていた「日本のサッカーに慣れる」っていうのはこのことか。チアゴの独特のパス出しから、仕上げはそのボルジェス!簡単に叩いてからスルーパスを受けるというパターンがハマれば、第2クール以降、相手にとって厄介なことになりそう。

第1クールの仙台は、昨年まで言われていた「DF弱い」「流れから得点できない」という欠点をことごとくクリアしてる。今日はすべて「流れの中から」だった。あとは細かいミスから無駄なピンチを招かないようにすることが課題か。

柏、横浜、東京Vが勝っただけに、今節の勝利は上位争いに残るためには大きかった。事実、今節敗れた
札幌と試合のなかった神戸は3位横浜と6点差になり、次節は上位に残るためには負けられない崖っぷちに。次節はその札幌にしっかり勝って、第1クール首位を奪取すると同時に、札幌との勝ち点差を10に開いて、引導渡しておきたい。そして6日のユアスタ湘南戦、第1クールのリベンジでGWを締めくくるのが今から待ち遠しい。

そうそう、試合が終わるころには、二日酔いもすっかり解消していました。




秘密日記 ご本人のアクセス時のみ表示
この日の観戦同行者:堀籠夫妻

スポンサーサイト

ダービー第1ラウンド・・・完勝

最後までアウェー戦行こうか迷った末に、スカパー観戦。前半はいつもどおり「ちょっとヤバいかな」って感じで進むものの、結果はそう、完勝です。これがJ1レベルなら決められているんだろうけど、J2レベルではペナルティの外からのシュートは、村上かまぐれじゃなきゃ入るわけがないと確信したような守備。それは記録にもハッキリ。何と非シュート157本はNo.1.しかし失点は3でこれまたNo.1.ちなみに得点はヴェルディと並んでこれまたNo.1。いくらシュート打たれても入らなきゃいいのです。それが現在の順位にも現れてます。山形戦も決定的なシーンは2〜3回だけ。佐々木のフリーキックはさすがにヤバかったけど。

萬代、決めました。どフリー外した時は、思わず椅子から転げ落ちましたけど、その後のアシスト&得点は見事でした。次節はボルジェスが戻るんでしょうけど、サブにも得点できる選手がいるのは心強い。大柴の復帰も近いようですし、今、出場機会の少ない中島・村松あたりも腐らずに機会を待って、出場したら爆発して欲しい。

さて、今の調子なら、まぐれのミドルシュートでも入らない限りは、仙台のDFは崩れそうにない。柏が1試合多いので、現在実質首位。嬉しい限り・・・いやいや、水戸札幌を侮ってはいけません。

水戸は仙台並みに非シュートが多く、失点も多い。つまりDFが甘い。一方で水戸はシュート数も最低。攻撃は脅威になりにくい。今シーズンの仙台はDFが弱いチームには確実に3点取って勝ってきているだけに、早めに先制点を取ればまたまた3−0で完勝の可能性・・・と期待したいところだが、現在上位のチームで水戸に負けたのは札幌だけ、逆にいえば上位チームは水戸から取りこぼしていないだけに、これだけ条件が揃っている以上、仙台にとっては引分けすら許されない。確実に勝ち点3を取らなければならない試合となる。

そして第1クール最終戦は札幌。前節は逆転負けも、予想通り調子をあげてきている。札幌もDFが安定しており、さらに2試合停止かと思ったフッキが1試合停止で済んだため、仙台DFにとっては脅威。前半で早々に退場していただけるとありがたいが・・・いずれにせよ1点を争うゲームとなりそう、ぜひとも勝って第1クール首位のポジションが確保してほしい。

ところで親方のインタビュー、

「次の方は?二人の反逆者は?いいですか?」

これって前節の

「後ろのほうで何かの罰を受けているかのように向こうにもたれかかっていますね。彼らのことは記者としてではなく、仲間として私は見ています。ありがとうございました。」

を受けての発言なんでしょうか?もしかしてベガルタの取材記者に反逆的な・・・てか、どうせ仕事だし・・・って人がいるのかな?いずれにせよ、最近、親方の試合後のコメントはオシム並みに楽しみになってきました。まあ、今節の

「川口があのまま守り続けて、もし3ヶ月ずーっと失点しなければ、日本はワールドチャンピオンになるのではないでしょうか。」

には完敗ですが。




ワントップの限界

試合前に取材陣の注目はやっぱりカズ。こんだけアウェイチームに取材群がるのはないなぁ。仙台にも爆発して注目される選手が欲しい。

さて、試合はマスコミの注目度の差?か、前半立ち上がりを除けば、スタジアムの冷え込みとともに仙台に勢いがなくなる。

微妙な判定もあって(主審が2回もジャッジ変えちゃだめだろう)ボルジェスは消えていき、ロペス、チアゴは単独突破が読まれてピンチを招く。

そこで救いは萬代。後半中田が相手に振り切られたあたりで交替考えてよかったと思うけど、実際は残り10分切ったところ。やっぱりワントップでは相手もマークが付きやすく、ボルジェスも活きないのでは。私的には4−3−1−2型がよろしいかと思います。この場合チアゴの守備意識が非常に大事になると思うけど。

それにしてもせっかく首位柏が連敗の間に勝点2しか詰められなかったのは痛い。今シーズン個人的に想定した、昇格88点ラインに達するための各チームに対する条件はまだクリアしてますが。

_________勝___分___敗___勝点
柏_______1____2____1____5
東京____1____2____1____5
神戸____1____2____1____5
札幌____1____2____1____5
横浜____2____1____1____7
湘南____2____1____1____7
水戸____2____1____1____7
鳥栖____2____1____1____7
愛媛____3____1____0___10
徳島____3____1____0___10
草津____3____1____0___10
山形____3____1____0___10


ちなみに草津にはもう引分けも許されません。やっぱり札幌がかなり良くなってきたし。

さて、毎年勝負どころになってるのが、連続引分の後の試合。昨年は29〜30節引分け後に連勝、昇格争いをしたが、一昨年は19〜21節、26〜28節の3連続引分け後ともに破れ、上昇機運を失った。

ここで勝てば「3試合無敗で勝点5をあげた」ことになり、敗れれば「3試合で勝点7を失った」ことになる。上位と離されないためには絶対に負けられない。次の試合の実際の勝点は3、しかし精神的にはそれ以上に大きく違う。

そして相手ベンチにがいる以上、平日だろうが、寒いナイターだろうが、スタジアムは燃えあがるだろう。


J's GOAL
最新記事
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー(月別)
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

ベガルタ仙台 サッカー 仙台 ユアスタ Jリーグ グルメ  ラーメン 日本代表 カフェ 楽天イーグルス 旅行 

1,110,481 +
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

さっかーおやぢ

Author:さっかーおやぢ
サッカー暦は小学4年から。現在は観る側専門に。タイトルに通り7年間ユアスタ自由南を根城にしていたものの、寄る年波から入場の行列に疲れ果て2012年よりSバックに昇格?しました。東北楽天は創立以来ゴールド会員で応援してます。オフシーズンネタとしてスタートした食べ歩きは、居酒屋からカフェ・スイーツまで、夫婦で食べ歩いた仙台のお店をご紹介しています。

リンク
RSSリンクの表示
ユアスタ自由南のQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。