スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ7月。夏の山場が目白押し

上位同士限定、7月対戦表(下位のサポの皆さんごめんなさい)

 

25節
7/1

26節
7/6-7

27節
7/11

28節
7/14

29節
7/21

30節
7/25

31節
7/29

札幌

H山形

H福岡

A 

H東京V

A仙台

H鳥栖

仙台

HC大阪

H東京V

A福岡

A山形

H札幌

AC大阪

京都

A

HC大阪

A山形

H鳥栖

A 

H湘南

湘南

A山形

H福岡

A 

H 

H 

A京都

H 

福岡

H

A湘南

A札幌

H仙台

A 

H東京V

東京V

H鳥栖

A 

A仙台

H山形

A札幌

HC大阪

A福岡

鳥栖

A東京V

H 

H 

A京都

H 

A札幌

C大阪

A仙台

A京都

H 

A 

H 

A東京V

H仙台

山形

H湘南

A札幌

H京都

A東京V

H仙台

A

H

上位同士の対戦数は仙台と東京Vが6、札幌、山形が5。逆に福岡と鳥栖の九州勢は上位との対戦数が少ない上に、間に休養も入って、比較的楽な日程。果たしてこれがどう出るか楽しみな7月。

さて、仙台にとっては、セレッソに始まりセレッソに終わる7月の6戦が昇格のカギを握る。ここを最低でも4勝1分1敗で乗り切りたい。じゃあ、どこにだけは負けられないかって?

まずは当面の昇格ライバルであるC大阪、東京V、福岡戦にはきっちり勝ちたいところ。特に明日のC大阪戦に勝つと、直接勝ち点差が14。これはリーグ戦の半分を終えた時点としては、セレッソにとってかなりキツい数字。さらに4位福岡にも勝ち点7差となり、上位3チームが一歩抜け出した印象を他チームに与えられる。暑い夏場を前に、対戦相手のモチベーションを少しでも下げておきたいところ。

次にとにかく仙台にとっては鬼門の首位札幌戦。最近DFに翳りが見え始めているものの、7月の上位対決のうち、仙台戦以外の4試合は涼しいホームでの試合と札幌有利な条件もある。(逆に上位陣が涼しいアウェイで札幌相手にイキイキと戦ってくれることを願っているが・・・)しかし、仙台が優勝を狙うには直接対決はもう落とせない。決めるところを確実に決めれば、必ず勝てる。攻撃陣の決定力に期待。

そして暑い夏に暑い山形で開催の熱い山形戦。第2クールの不調であっという間に下位に転落したが、今日の「サヨナラゴール」で低迷から脱却する可能性も。それでも今年は山形に無敗・・・いや、残り全勝で終わりたい。

となると。。。なんだ結局6戦全勝・・・そりゃ、サポーターってのはそう願うもんなんだよ。さて、7月が終わった時点で、この「上位同士限定」から脱落しているチームは、果たして・・・




スポンサーサイト

愛媛戦勝利も・・・ああ心配

京都戦の得失点は-4。今日は+3。まだ足りない。

12位愛媛相手だからこそ、中盤はやりたい放題、自由にやれたけど、ああ心配。

富田の絶妙のスルーパス&梁の先制点は見事だったけど、ああ心配。

後ろからのチャージに厳しい審判で中島がPKゲット、ロペス久々のゴールはうれしかったけど、ああ心配。

ロペスの絶妙のスルーパス&菅井恒例、オーバーラップからのダメ押しは見事だったけど、ああ心配。

前半からまともにミートしないシュートを何本見せられたことか。前半の梁の左足、後半の右インサイド。ジョニウソンのダフったシュート。相変わらず撃たない関口。そしてゴール前フリーで吹かす中原。

疲労が溜まっているときにでも、きちんと枠にシュートを飛ばすのがJ1。今年の仙台の目標はJ1で戦える力をつけることじゃなかったっけ?

最近数試合、ロペスのパスミスも目立つし・・・ああ心配。ジョニウソンは今日も雄一のピンチを招いたように、不用意にボールを失うことが度々あってああ心配。

第2クール残り2試合、水戸、C大阪(そういや、ブーイングする前に監督替わったんだっけ・・・)にしっかり勝って、再び上昇気流に乗ってほしいところ。もちろん、この2試合に勝って勝点44を得なければ、昇格ラインの1クール平均22勝点に届かないんだし。

おっと、忘れちゃいけない。今日唯一のピンチ、をスーパーセーブした小針は素晴らしかった。福岡戦、今日の愛媛戦と、獅子奮迅の働きに「あっぱれ!」。

P.S. toto、本日昼間の対象ゲームはすべてアウェイ勝利。そして、私はすでに1等2等はなし。ああ惨敗。




勝った!

平日だけにアウェイはもちろん、自由席に空席が目立つ今シーズンホーム初ナイターは、どんな形でも勝たなければならないゲーム。萬代がいなくても、シュナイダーがいなくても、永井がいなくても。

立ち上がりはお互いに連戦の疲労のせいか、精度が低いプレーが目立つ。仙台は両サイドが自重気味で、相手に進入を許すものの、決定的ピンチはなし。

攻撃面ではトラップミスからチャンスを失う。まず前を向くことを選択するのがFWだと思うんだが。

前半終了。この時点で山形0-1水戸、愛媛0-1札幌、鳥栖0-0京都、草津0-0東京V。こういう日は絶対に勝たなければならないとの思いを深める。 

そして、歓喜の瞬間は後半早々やってきた。左サイドからの大きなクロスを受けたのは、右サイドに走りこんだ菅井。第3節の東京V以来の2点目は、キーパーの肩口を抜く豪快な先制ゴール。これが結果的に決勝ゴールとなった。

一方の福岡は、前半立ち上がりこそ右サイドを突いてきたが、中盤が作れず、不調がありありの様子。後半のパワープレーも精度が低く、ヒヤリとさせられたのは、前半終了間際のオフサイドのプレーと、リンコンのオーバーヘッドぐらいか。

結果的に今シーズン初の1-0での勝利は、上位総崩れの今節の結果をみれば、価値ある1勝。昨年までなら、今日のような上位総崩れの節にお付き合いしていたのが仙台。ホームMVPとなった小針の再三の好セーブも光った。

しかし・・・第2クールも3分の2を消化した今、今日の勝利に浮かれられないデータ。

2nd
順位

通算
順位

チーム名

試合

勝利

引分

敗戦

勝ち点

得点数

失点数

得失
点差

1

1

コンサドーレ札幌

8

7

0

1

21

13

4

+9

2

7

サガン鳥栖

8

6

1

1

19

10

3

+7

3

6

東京ヴェルディ1969

8

5

2

1

17

13

6

+7

4

2

ベガルタ仙台

8

4

0

4

12

10

8

+2

5

3

京都サンガ

7

4

0

3

12

11

11

+0

6

4

湘南ベルマーレ

7

4

0

3

12

15

8

+7

7

9

セレッソ大阪

7

3

0

4

9

10

9

+1

8

12

愛媛FC

7

3

0

4

9

6

10

-4

9

11

徳島ヴォルティス

8

1

4

3

7

5

10

-5

10

5

モンテディオ山形

7

1

3

3

6

4

9

-5

11

10

ザスパ草津

7

1

3

3

6

5

8

-3

12

13

水戸ホーリーホック

7

1

1

5

4

4

12

-8

13

8

アビスパ福岡

7

1

0

6

3

8

16

-8

今日勝った相手は、結果から見れば第2クール最下位の相手。第2クール首位の札幌には9差、鳥栖に7差、東京Vに5差。第2クール5〜8位は仙台より1試合少ないチーム。昇格を目指すチームは各節で3位以内をキープし続け、同じチームに2回負けないことが必要。次節京都戦、第1クールの借りをしっかり返すためにも、絶対に負けられない戦いは続く。

そのためには、後半数々あったフリーのシュートチャンスを逃さないことが必須だと思うが。




J's GOAL
最新記事
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー(月別)
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

ベガルタ仙台 サッカー 仙台 ユアスタ Jリーグ グルメ  ラーメン 日本代表 カフェ 楽天イーグルス 旅行 

1,110,481 +
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

さっかーおやぢ

Author:さっかーおやぢ
サッカー暦は小学4年から。現在は観る側専門に。タイトルに通り7年間ユアスタ自由南を根城にしていたものの、寄る年波から入場の行列に疲れ果て2012年よりSバックに昇格?しました。東北楽天は創立以来ゴールド会員で応援してます。オフシーズンネタとしてスタートした食べ歩きは、居酒屋からカフェ・スイーツまで、夫婦で食べ歩いた仙台のお店をご紹介しています。

リンク
RSSリンクの表示
ユアスタ自由南のQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。