スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なでしこ、王者らしくないミス連発で連覇逃す 《元祖ニュータンタンメン本舗 仙台長町店》 【J特】

~今日の風~

DSC00844.jpg 

本日代表戦


今大会、ここまで北朝鮮、中国にいずれも1-2で敗れ未勝利だった韓国に15年ぶりの敗戦なでしこはまったく王者らしくない酷い試合をしてしまいました。

田中、中島、岩渕、さらに交代出場の菅澤といった若手が安易なミスを連発するなどまったくの不出来。決定的チャンスにもパワーがあるシュートを放てず。集中力を欠いたプレーからの2失点を喫しての敗戦だけに、まあ、正直がっかり。

欧州遠征も含め、他のチームが打倒日本に向けて選手も戦術もレベルアップする中で、日本は結局、この日得点した大儀見、反撃のポストを叩く惜しいシュートは宮間に安藤。交代出場の大野、今大会欠場の澤も含め、そこそこ活躍した選手は以前から聞いた名前ばかり。相変わらずベテラン頼りで進歩が感じられません。

もし次のW杯でも連覇を目指すのであれば、選手の半数以上が入れ替わるぐらい、日本に足りない高さ、フィジカルの強さに対する補強も含めて、若手の底上げが必要でしょうね。

さて、今日は男子が同じく優勝を賭けての韓国戦。連日同じような試合は観たくありませんので、スッキリ勝って優勝を決めて欲しいものです。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


長町駅前で同僚と飲んだくれて、仕上げに久々の・・・

元祖ニュータンタンメン本舗 仙台長町店

神奈川県川崎市に本店があり、関東圏を中心に展開しているものの、仙台ではここだけということもあり、何故かチェーン店臭のしないラーメン屋さんです。

私がオーダーしたノーマルの担担麺はこんな感じ。

《担担麺 中辛 650円》


DSC01659.jpg


唐辛子ニンニク(抜きも指定可能)が溶け込んだスープの具材は、豚ひき肉と溶き卵。いわゆる担担麺とはまったく違うラーメンになっています。麺は中太のストレート麺で、うどんにちかい食感。

 
で、飲んだ後だというのに、同僚M氏は150円でバタートッピング。巨大なバターでカロリーアップ!
 

DSC01655.jpg 

さて、お待たせしました。世界に挑戦する男、同僚N氏が選んだのは、 

《担担麺 大辛 650円》

ん?最高峰の「めちゃ辛」じゃないのね、ちみ・・・ちなみに辛さは控えめ・普通・中辛・大辛・めちゃ辛までの5段階、どれを選んでもお値段は650円。



DSC01660.jpg 

で、先日の世界一担担麺には惨敗も、この日は見事完食です。満足げなN氏ですが、大辛程度であまりにもドヤ顔が行き過ぎてるので、上半分カットしときました。
 

DSC01671 (1) 
ニュータンタンメンは溶き卵の甘みが辛さを包み込んでくれるので、意外に食べやすいですね。めちゃ辛を除けばですが。まだ梅雨が明けず連日涼しい仙台ですが、ジメジメした気分を吹き飛ばすにも、この辛甘さはベストマッチですね。

スポンサーサイト

日本、フレッシュな代表組でオーストラリアを突き放す 【J特】

 ~今日の風~

DSC00853.jpg  

本日、代表戦


中断期間のベガルタのプレス発表は、田村選手の怪我&手術という、またも悪いニュースでした。早くピッチに帰って来てくれることを願っています。そして次のベガルタオフィシャル発表は、いいニュースでありますように。




日本代表 32 オーストラリア代表



日本のフルターンオーバーには驚きました。卓人が出場できなかったのは残念・・・韓国戦に使ってもらえないですかねぇ。

齋藤の芸術的な先制ゴール、そしてパスで崩しての大迫のコースを狙った冷静な2ゴールは共に代表初ゴール、いずれも特徴が出た見事なゴールでした。

が!

オーストラリアのDFは放り込むボールにはさすがに高さを見せるものの、バイタルでの細かいパス回しに対してはまったくプレスがかからず、まあ、あれだけユルければ3点取れて当然という感じも。これがもう少し厳しく詰めてくる相手に対しても同じ結果を出せたかは微妙。

とはいえ、齋藤が華麗なドリブルで、大迫がポストプレーや冷静なボール裁きで、そして今大会のFW陣で唯一得点がない豊田も2つのアシストでと、1戦目の柿谷、工藤に続きFW陣がそれぞれアピール。さらに山田が左サイドの起点となり、高橋は中盤でのボール奪取で・・・と、初代表組中心にそれぞれ特徴を発揮したのは、日本にとって好材料でしょうか。


一方、初のCBコンビで連携不足という事は差し引いても、後半、中央をいとも簡単に抜かれてバタバタと立て続けに2失点したDFは相変わらずの落第。圧倒的に主導権を奪いながら2-2に追いつかれた試合展開は、中国戦の二の舞かとガッカリ。

これで1勝1分となり、一応首位に立ったザックジャパン。しかし、最終戦相手は宿敵韓国。洪明甫監督になってから、ここまで勝利の無い韓国とはいえ、勝てば優勝の可能性がある日本戦はかなりの気合tで来ること筆致。日本のDFが最終戦でどれだけ踏ん張れるか、正念場でもあります。6月のイラク戦以来、6試合ぶりの無失点試合を期待したいものです。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 

日本代表のFWには 《満まる》 【J特】

~今日の風~

DSC00825_20130723070057.jpg 

頭だけ出してみる


来季入団が決まった二見選手は、夏から特別指定とか。蜂須賀、和田、田村との左SBレギュラー争いが激戦になりそうで楽しみですね。それにしても奥埜レンタル二見入団決定大海今季絶望と、ここに来ていいニュース、悪いニュースが交互に発表になっているベガルタ。大海の離脱で手薄になったCBの補強なんていう、いいニュースで代表戦のミニ中断期間を締め括ってほしいものですが。

そんなJリーグ中断の合間に行われた名古屋vsアーセナルで、宮市がPKながらアーセナルの一員としてゴールを決めました。怪我で苦しんでいた宮市ですが、これをきっかけに以前の輝きを取り戻して欲しいものです。

そういえば、ブラジルワールドカップに向けて、1~2年ほど前までは、将来が楽しみな特徴のある若手FWが続々現れて楽しみだったはず。ところが

李忠成(27)・・・柏からプレミアリーグ・サウサンプトン入団もリーグ戦出場ならず。FC東京に期限付移籍も、怪我で出遅れスーパーサブ的起用に終止し、期限満了で退団。

永井謙佑(24)・・・名古屋から今年1月、スタンダール・リエージュに移籍しながら、チームにフィットせず、3試合無得点と出場機会が得られず苦しいんでいる状態。

大津祐樹(23)・・・柏から昨年オランダのVVVフェンローに移籍、22試合出場も1得点に止まり、定位置獲得までは至らず。

小野裕二(20)・・・横浜FMから永井同様、スタンダール・リエージュに移籍、こちらは戦術的にはまずまず適合も、3試合無得点と、まだまだ定着せず。

宮市亮(20)・・・高校卒業と同時に鳴り物入りでアーセナル入団、昨季はウィガンに期限付移籍も、怪我もあって年間を通して活躍できず。

と、期待していた選手が軒並み伸び悩み。それだけ欧州のFWは出場したらすぐに「結果」が求められるということでしょう。

振り返ると、コンフェデレーションカップでは海外組の岡崎(27)、ハーフナー(26)に、今季リーグ戦では結果の出ていない前田(31)の組合せで挑んだものの、岡崎以外は結果を出せませんでした。

さらに現在行われている東アジアカップで選出されたメンバーを見ても、中国戦でまずまずの結果を出した柿谷は純粋なFWではないし、豊田はまだ出してもらってないし、リーグ戦で実績がある佐藤寿人、大久保嘉人に至っては召集すらされなかったし・・・と、まだまだ本番までに流動的な要素十分。

その本番まであと1年。私は「攻撃」を意識するのであれば、高さのあるFW、スピードのあるFW、裏へのボールの引き出しが巧みなFWの組合せを代表に入れるべきだと思っているのですが・・・

そんな訳で、代表に召集したくなるほどの圧倒的な結果を出してくれるFWが、新シーズンが始まる欧州で出現するかに注目していきたいですね。私としては特に引き出す寿人、万能型の李、スピードの宮市に期待しているのですが。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


この日はグループの決算打ち上げ。先日、酔っ払ってた勢いで飛び込んで好印象だったお店を選んでみました。


鉄板肉屋 満まる


どうやらみわ亭やビアフェスタの系列店のようですね。 それにしても4つ角にこんな暖色系のライトに照らされたオープンな入り口があったら、なんとなく引き込まれてしまいます。
 

DSC01563_20130723070137.jpg 

1名遅れて参戦と言うことで、まずは5人で乾杯です。この日は女子会需要多し!と触れ込みの3,500円飲み放題の『満まるコース』

メインに本日のおまかせ1ポンドステーキが入るこのコース、 嬉しいことに当日でも対応可なんだそうです。 それにしても1=460gですからかなりのボリュームが予想されますが、果たして。まずは前菜。生ハムなど、女子会向きの小洒落た感じ。

DSC01565.jpg 

飲み放題のメニューも豊富。特にハイボールはかなりの種類を取り揃えており、どの味でも選べる『男気!1リットルジョッキ』なるものも。
 

DSC01564.jpg 


サラダはじゃがいもドレッシングと、人参ドレッシング。私はじゃがいもが、好みかな。


DSC01568.jpg 


続いてはカルパッチョ。低料金のコースで刺身の変わりにコストが低いカルパッチョを出すことには否定派の私ですが、こちらのカルパッチョ(3人前)はボリュームこそないものの、具材がしっかりしていて、なかなかの出来。
 

DSC01571.jpg 
それにしてもボリューム感が薄く、さすが女子会需要多しのコースと思っていたら、出てきた料理がこちら。

《サクサクポテトとオニオンリングのタワー盛り》  
 
Kスタのトルネードポテトを思い出しました。この辺りから女子会コースとは思えないボリューム攻勢がスタートです。

DSC01572_20130723070203.jpg 

続いてはいよいよメインのステーキ。1人1ポンドだったらどうしようと思ってましたが、6人で鉄板2皿。でもこれが1人1皿だったら、絶対無理。食べ切れる量である意味安心しました。
 

DSC01582.jpg 


こちらはいわゆる焼き肉店と違って、予め鉄板で焼きあげたステーキが供されるので、油や煙を避けたい女性にも向いていますね。ステーキははらみとリブロースの2種類。それにしてもこれだけの肉だと、切り分けるのにも一苦労。 


DSC01584_20130723070207.jpg 


さらに牛肉ガーリックライス(これがなかなかウマかった)で満腹感に留めを刺したところで、仕上げの塩キャラメルアイスで、ようやく女子会向きらしさが戻ってきました。S嬢は隣で酔っぱらってるY氏のアイスまでちゃっかり2個食べて女子会らしさを満喫。
 

DSC01589_20130723070208.jpg 

実はこの日、1人が30分ほど遅れてきたのを見て飲み放題を延長してくれるなど、料理もさることながらスタッフさんの粋な心遣いが一番のご馳走という、素敵なお店でした。

満まる居酒屋 / 広瀬通駅あおば通駅仙台駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

今週は代表戦でJ2観戦 《えごまらーめん桂苑》 【J特】

~今日の風~

DSC00843.jpg 

本日は代表戦


東京Vが決勝PKを奪った森勇介のプレーは、録画で見る限り完全にシミュレーションに見えますが。32歳になっても、相変わらずあんなプレーばっかしてるんですねぇ。しかもペナルティエリア外なのに、審判はPK取っちゃうし、横浜FCにしてみれば憤懣やるかたない感じ。狡いプレーは認めますが、汚いプレーや危険なプレーを平気でやる選手は嫌いです。どんなに上手でも、こんなプレーしてたら代表には絶対選ばれませんね。

さて、そんなJ2は山形が岡山に敗れ、4連敗で13位に転落。首位G大阪とは勝ち点20差、J1入替戦に進出できる6位以内を見ても、福岡と7差と、大きく後退しました。前節千葉戦も同じでしたが、試合を握りシュート数では大きく上回りながらの敗戦、まるでどっかのチームみたいです。

これで山形は今季もJ1昇格が厳しくなっちゃったかな。G大阪のような代表選手がそのまま残留するチームなら別として、思い起こせばベガルタもJ1復帰まで6年かかりましたし、地方の予算がないチームがJ2から短期間でJ1に復帰するのは本当に難しいですね。改めて降格はしたくないものです。

一方、同じように毎年J1昇格に一歩及ばずJ2で4年目を迎えている千葉は、元山形監督の鈴木淳に率いられ、ここに来て6連勝と絶好調。開幕から好調だった長崎を捕えて、ついに3位に浮上しました。当初はG大阪、神戸の2チームが独走するかと思われた今季のJ2ですが、これで千葉は2位神戸と3差、首位G大阪とも6差になったため、自動昇格争いは意外に混戦になるかもしれませんね。

さて、明日は東アジアカップの日本vs中国。欧州組は不在ですが、コンフェデでは「勝利」を味わえなかったので、完勝に期待です。卓人が出場出来たら、さらに嬉しいところですが、果たして。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


この日は所用で花京院方面に。午前中に仕事を終えて、さあ、ランチタイムです。

えごまらーめん桂苑

ええ、ええ、最初からここ狙いで来ましたとも。中田から進出してきた、えごまラーメンがウリのお店ですね。定禅寺通りにも支店があります。

券売機から、さて何にしましょうか。この日はさほど暑くなかったので、私はえごまらーめんの大盛りに決定!
 

DSC01605.jpg 


という訳で、早速セットされているえごまをスリスリ。
 

DSC01593.jpg 


ランチタイムにはこのご飯がサービスに。これが下手な中華屋よりいいお味なのです。
 

DSC01595.jpg 

《サラダ冷し中華 500円+大盛り 100円》

同僚Y氏の注文は、平日ランチタイム限定メニュー。トッピングがイマイチ貧弱ですが、大盛りで600円はかなりのお値打ち。食前にしっかりえごまを擂っちゃってたY氏、どこにかけていいかわからず四苦八苦。ちなみにこちらの大盛り、麺が2玉はありそうなボリューム感。ご飯も付けちゃったY氏は完食するのに四苦八苦。合わせて64苦?
 

DSC01602.jpg 

《えごまつけめん 並 780円》

こちらは同僚H氏のオーダー。冷し中華とは異なり、太麺になります。こちらの場合、えごまは麺にかけるの?それともつけ汁に入れるの?かわかりません・・・ちなみにトッピングは味玉に海苔。

 
DSC01603.jpg  


並々と器に盛られたつけ汁はナルトにネギに魚粉が。見た目はあっさりした感じに見えますね。

 
DSC01604.jpg 
 
《えごまらーめん しょうゆ味 650円+メンマ 100円》

見た目がとってもウマそうですねぇ~。ちなみに醤油の場合は細麺・太麺が選べます。こちらは細麺。ところで、あれ?メンマ?しかも大盛りじゃなく??一瞬固まる私。
 

DSC01598.jpg 


ゲゲッ!(現代用語では「じぇじぇ!」)下のボタンと押し間違えた!どこをどう間違えたら、青いボタンを見失うんだ、俺・・・
 

DSC01605 (1) 


自分の誤りに落ち込みながらも、「でもY氏の大盛り地獄を見れば、普通盛り+ご飯で正解かも」と、すぐ立ち直るのが私の取り柄。しっかりえごまを入れて、頂きます。ゆきちからを使った麺は、なかなかいいお味です。
 

DSC01599.jpg 

こういうシンプルなラーメンは、たまに食べたくなりますね。今度はまだ未食の中華そば550円を食べてみたいですね。

えごまらーめん桂苑ラーメン / 広瀬通駅あおば通駅仙台駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


阪南大DF二見選手がベガルタ入団内定! 《麺房大喜》 【J特】

~今日の風~

DSC00767_20130719214959.jpg 

伸びる


以前から入団が噂されていたレフティの、ベガルタへの加入内定が発表に。

阪南大学と言えば、あの梁勇基を生んだ、サッカー界の西の王者。HPを見ると、梁選手以外にJリーガーがこんなに!


95 石丸 清隆 福岡→京都→愛媛(06引退)
95 持山 宜丈 浦和(95~97)(引退)
96 橋口 勝 C大阪(96~98)(引退)
96 加藤 清泰 C大阪(96~97)(引退)
96 朴 永浩 鳥栖 (96~01)(引退)
96 北内 耕成 鳥栖 (96~02)(引退)
97 金 晃正 市原(現C大阪U-13育成コーチ)
97 朴 成基 神戸(現・阪南大学コーチ)
99 金川 幸司 大宮(現C大阪スクールコーチ)
00 影山 貴志 C大阪→佐川急便(引退)
01 寺田 武史 草津
02 松浦 宏治 広島→仙台→東京V→草津(引退)
03 梁 勇基 仙台
04 深谷 友基 大宮
04 大西 容平 甲府→富山
04 松浦 敦史 徳島
05 廣瀬 浩二 鳥栖→栃木
05 伊野波雅彦 F東京→鹿島
05 李 彰剛 岡山
06 寄井 憲 甲府→松本
06 松岡 亮輔 神戸→磐田
08 西田 剛 横浜FC→福岡
08 野田 紘史 浦和
08 吉川 健太 愛媛→富山
08 小寺 優輝 岡山
09 木原 正和 大宮→福岡
09 竹重 安希彦 磐田
09 東 浩史 愛媛
10 井手口正昭 横浜
10 棚橋 雄介 富山
11 井上 翔太 C大阪
12 本多 勇喜 名古屋
12 飯尾 竜太郎 松本

代表クラスこそ梁と伊野波ぐらいですが、ほぼ毎年複数の選手をJリーガーとして排出しているのは素晴らしいですね。今年も二見選手のほかに大宮に泉澤仁選手、川崎Fに可児壮隆が入団内定。ほかにも大学選抜クラスの選手がいるようなので、Jリーガーはさらに増えるかもしれません。

今回の二見選手の加入内定で、ベガルタとしては左SBをいう課題の克服に期待が持てる補強ができました。となると、次は将来的な視点での選手獲得が必要です。特に梁の後継者の育成が大命題。まだ24歳のヘベルチ、昨日期限付き移籍が発表になった奥埜も含め、次世代のゲームメーカーをきちんんと発掘・育成することが出来るかが、5年後のベガルタの浮沈のカギを握りますからね。

ところで入団が内定した二見選手の体型はこんな感じ。梁選手がプリプリなら、二見選手はゴリゴリって感じで、第一印象的には身長のある長友選手かな。もちろん、ベガルタに入団するからにはゴリゴリ活躍して、梁、関口に次ぐ、ベガルタ生え抜きの代表選手になって欲しいですね。

おっと、もちろん、この内定に先輩である蜂須賀がこれまで以上に奮起してくれることを期待しています。先輩として来年、二見選手の前に高い壁として立ちはだかることが出来れば、チームとしての競争力は益々上がりますから。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


奥さまと東方面に行く途中、ふと思い出して立ち寄りました。 

麺房大喜

以前から長町インターを使う都度、気になっていたお店。なかなか来ることが出来ませんでしたが、この日は満を持して初訪問。


DSC01470.jpg 

基本メニューは焼きあごベースの海と、鶏&げんこつベースの山に分かれてます。それぞれに塩と醤油。ベースは680円とお手頃価格ですが、ワンタントッピングで170円プラスの850円、チャーシューメンは270円プラスの950円と、こちらのCPは一般的な感じですね。
 

DSC01472.jpg 

《味噌ラーメン 800円》

おっと、基本の説明しているうちに、奥さまがいきなり変則技です。甘みの強い味噌スープ。野菜の量は近頃流行のもやし大量ではなく、バランスが取れいてる感じ。 


DSC01475.jpg 

《醤油ワンタンメン 山 950円》

私は醤油ワンタンに。背脂の浮くスープから見え隠れするワンタン。中央に鮮やかなネギと糸唐辛子。なかなか見た目が美しいラーメンですね。
 

DSC01477_20130719215119.jpg 


「山」のスープはこってり背脂が浮いてますが、見た目ほどオイリーではなく、スッキリした後味。


DSC01481.jpg 


麺は見かけは普通ですが、意外にコシがあっていい感じです。
 

DSC01483_20130719215132.jpg 


ワンタンにはしっかり具が詰まってますね。豚肉と海老?でもこの味だとスープとの相性は塩の方がいいかもしれませんね。
 

DSC01485_20130719215134.jpg 


チャーシューはあまり脂身がない部分。好みとしてはもうちょっと脂乗った感じがいいんだけどね。
 

DSC01486_20130719215135110.jpg 

入りやすいとは言えない駐車場の誘導も含め、 店員さんの気配りとフットワークには感心しました。こういうところが、長年続くお店の「格」なんでしょうね。

麺房大喜ラーメン / 長町駅太子堂駅長町一丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5


移籍ウインドーオープン、そして背番号7が長崎へ 《東龍 バイパス店》 【J特】

~今日の風~

DSC00752.jpg 

リラックス


まあ、広島戦のことは書きたくないです。

さて、奥埜選手がV・ファーレン長崎に育成型期限付き移籍
育成型期限付き移籍は若手選手の育成策として今年度から日本サッカー協会が導入した制度で、18-23歳の選手が所属チームより下位リーグ所属チームへ移籍する場合に限り、移籍期限外での期限付き移籍を認める制度。8月14日に24歳になる奥埜選手にとっては、ギリギリの段階での制度活用となりました。

梁の後継者、将来のエース候補として背番号7を背負う入団2年目の奥埜選手ですが、特別指定から数えると5年目のここまで、リーグ戦の出場は僅かに2試合。ナビスコ、天皇杯を合わせても8試合1得点に留まっており、今シーズンも序盤戦でベンチ入りが3度あっただけと、なかなか出場機会を得ることが出来ませんでした。

そういう意味で、現在昇格初年度のJ2で3位と好調ながら、得点力に欠ける長崎への「育成型期限付き移籍」は、奥埜選手にとって必ずプラスになることでしょう。是非長崎をJ1に昇格させ、来年はベガルタの主力選手争いに割って入れるよう、一回り大きくなって帰って来て欲しいものです。山形での山形vs長崎のゲームがすでに終わってるのが残念だなぁ。

さて、本日7月19日はJリーグのウインドーが開く日。ここまで島川、奥埜と若手選手を修業に出してきた仙台ですが、後半戦に向けて低迷しているチームの起爆剤として、空いた選手枠をどう活用するのか(する気があるのかも含めて)、8月16日までの1ヶ月間の強化の姿勢に注目です。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


この日は所用で六丁の目方面へ。ちょうどお昼となったので、さてどこに行こうかと思い、

東龍 バイパス店

東龍と言えば、仙台ではあちこちに支店がある名店ですが、ここがその系列かどうか、分かりません。
 

DSC01542.jpg 


休日なのにお店の裏の10台ほど停まれる駐車場は満車。待つこと5分ほどで停めることが出来ました。さっそく店内に入ると、ほぼ満席。厨房には女性2人。珍しく女性だけで切り盛りしているラーメン屋さんなんですね。

独特の書体のメニューを見て、さて、何にしましょうか。事前リサーチでは東龍麺、にんにくこくみそ、油そばあたりが人気のようです。ここは店名の入ったラーメンを注文してみることに


DSC01534.jpg 


《東龍麺 大盛り 900円→クーポンで100円引き》

炒めた茄子と玉ねぎ、かなり大ぶりな牛肉がたっぷり乗ってます。 さらにネギにニンニクチップまで。


DSC01537.jpg 


麺は自家製のストレート麺。この麺はかなり美味しい。そしてスープは、醤油ベースに炒めた野菜の甘さがバランスよく溶け出して、なかなかよろしい。
 

DSC01539.jpg 


東龍麺、なかなか気に入ってしまいました。 お値段もお手頃で、これは普段使いにピッタリですね。頻繁に来られる場所ではないけれど、次回はこってり食べてみたいね。

東龍 バイパス店ラーメン / 宮城野原駅陸前原ノ町駅苦竹駅
昼総合点★★★★ 4.0


広島戦、前半戦ラストを快勝で! 《イッてこい酒場ぱぐぱぐ》 【J特】

~今日の風~

DSC00758.jpg 

既にボロボロな家


前半戦最後の試合は、ホーム広島戦。ここまでの前半を振り返ってみると、ホームで気持ち良かった試合は6節のFC東京戦と11節の大宮戦ぐらいでしょうか。柏戦も含め、ベガルタがホームで勝ったスコアはいずれも2-1。2点取らなきゃ、勝てないってことですよ。ベガルタはここ5試合でたった2得点ですから、攻撃陣の立て直しは絶対的に必要です。

で、対戦相手の広島は、東アジアカップの日本代表に常連の西川に加え、DF千葉、青山、高萩が選出され、さらにこの試合に勝てば大宮に替わって首位奪取の可能性もあるだけに、相当な気合を持ってユアスタに乗り込んでくることでしょう。

両チームのデータを見ても、森崎和・青山のインターセプトから、ミキッチ・高萩のドリブル、バイタルでのパス回しから寿人のゴールと、まあデータ通りなら広島が上。ベガルタが上回っているのはシュート数のみ。

が、そういうチームにベガルタは何故か強い。下位には取りこぼしても、上位から勝ち点を奪うのがベガルタ・スタイルシュート数が広島を上回ってるんだから、あとは落ち着いて決めりゃいいんです。明日こそは、今シーズン一番の「気持ちいい」試合を、日本代表卓人を中心に無失点で見せて欲しいですね。

残念ながら私は明日、今シーズン初めてホーム戦に参戦できず。という訳で、明日はオンデマンドで観戦です。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


野球帰りに友人と反省会。本来の開店は17時ですが、この日は予想外に早く試合が終わったため、16時半に(強制的に)開店です。


イッてこい酒場ぱぐぱぐ

ダックワースの乱調に、打てない打線に・・・この日の試合は反省することタップリあって・・・


DSC01522.jpg 


供されたのはお通し2品。おっと、こりゃ日本酒飲めと言わんばかりのアテではないですか。やっぱり1番、2番は主軸に確実に繋ぐ役割を果たさないとね。
 

DSC01523_20130716222418.jpg 

そんな訳で、外はまだ明るいのに、早速日本酒にチェンジです。メニューにないお酒から、八戸の八仙と長野の臥龍山。私は八仙の方が好みでした。主軸のデキはその日のすべての良しあしを決めますね。

DSC01526.jpg


《蟹味噌カニサラダ ハーフ》

こうなれば日本酒に合うアテを。 ぱぐぱぐ名物の蟹味噌カニサラダは、フルサイズ780円。でも今日は少人数なのでハーフにしてもらいました。こういう自由が効くのもぱぐぱぐ流。この変幻自在さが6番~7番には必要です。


DSC01524.jpg 


鯖が食べたくて、刺身盛り合わせも。 ボリューム満点のザ・刺身です。打順は下位でも、しっかりチームの要です。


DSC01528_20130716222422.jpg 


烏賊の一夜干し。 肉厚でかなりの食べ応え。日本酒はこの辺にして、そろそろ焼酎にさせていただきます。9番打者には上位にしっかり繋ぐ大切な役割が。


DSC01529_20130716222456.jpg 


タップリ飲んで喋って、2試合目は完勝です。次回は是非、祝勝会で訪れたいところです。マー君先発の試合なら確実ですが。

イッてこい酒場ぱぐぱぐ居酒屋 / 榴ケ岡駅宮城野原駅
夜総合点★★★★ 4.5


フレッシュな日本代表 《おんのじ 仙台本店》 【J特】

~今日の風~

DSC00747.jpg 

釣られた


東アジアカップの日本代表が発表に。欧州組が招集されない今回の大会は、ブラジルW杯に向けて、若手の最後のアピールチャンスとなる大会。その通り、大勢の初召集メンバーが名を連ねました。

その初召集はDF千葉、MF高萩、山口、扇原、FW豊田、柿谷、齋藤の7名。おおよそ期待に沿った若手選手が選ばれている中、注目は28歳の広島のCB千葉。高校卒業後にプロを目指すもJリーグからのオファーがなく、アマチュア契約で単身オランダに渡り、そこで頭角を現しで新潟からオファーを受け、入団後はレギュラーに定着。広島に移籍してもほぼフル出場をしている苦労人ですね。

コンフェデではCBの層の薄さを露呈した日本ですから、柏の鈴木大輔と共に、元新潟のCBコンビから来年のブラジル切符を手に入れる選手が生まれるかも。FC東京の森重も含め、CBにはかなりのチャンスがありそう。ベガサポとしては同じ元新潟の石川にも選ばれて欲しかったけど、怪我もあったし、残念です。

一方、決定力不足が目立ったFWも、高さの豊田、セカンドトップとしてボールの配給も自ら得点も出来る柿谷、メッシのような鋭いドリブルの齋藤と、それぞれ個性のある楽しみな3人。アジア相手に得点を力を発揮して、9月のキリンチャレンジには、ベガルタから唯一選ばれた卓人も含め、宮スタのピッチに登場して欲しいものです。


↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


気温が上がって暑いこの日は、さすがにラーメンは・・・という訳で、用事の帰りに思いついたのがここ。

《おんのじ 仙台本店》

おんのじも夏メニューで暑い季節の対策練ってるんですね。まあ、豚の冷しゃぶの麺を漬ける感じですが。
 

DSC01431.jpg 

《節つけ麺 中盛り 780円》

という訳で、私は定番のこちら。濃厚な魚介スープが沸き立ちます。中盛りまでは無料だと言われると、つい頼んじゃうんですよねぇ~。
 

DSC01432.jpg 


ツヤのある自家製麺は、榴岡店で打ったものを持ってきてるようです。あちらは入り口に麺工房が見えますもんね。 


DSC01435.jpg 


節が香り立つスープは、チャーシュー、海苔、煮玉子、ネギと、つけ麺の王道具材はしっかり揃っています。


DSC01433.jpg 


まだ梅雨明けしていない仙台ですが、本当に暑くなったら、つけ麺通り越して冷やし中華かな? 

おんのじ 仙台本店 (つけ麺 / あおば通駅仙台駅五橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

ジュビロ戦、攻め続けるも勝ち点は「1」 【J特】

ベガルタ仙台 11 ジュビロ磐田
89分 角田

シュート21本で1点だけって・・・ねぇ。大久保や寿人ならハットトリックレベルでは。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 



2か月ぶりのホームでのAURAを期待して、ユアスタへ。この日の仙台はかなり涼しく、「走る」仙台にとっては絶好のコンディション。
 

DSC01488.jpg 

試合前にはどろしーなんちゃらとか。一部コアなファンがサポ自に陣取っていたようです。
 

DSC_0108_20130714005903.jpg 

この日、新発売のミッキーTシャツは3,780円となかなかの値段ながら、売れ行き絶好調だったみたい。私はそれより手前の電卓の「-220」が気になったんですが。
 

DSC01490.jpg 

この日はローソンマッチデーとあって、毎度おなじみの転んだらタダでは自分では起きられないと思われるポンタが登場。ベガッ太よりお尻がデカいキャラはそうはいない。
 

DSC_0114_20130714005906.jpg 

ベガルタのキックオフで試合開始。この日のスターティングは前節大分戦と同様。サブのみジオゴ→柳沢に。
 

DSC_0116_20130714005948.jpg 

前節は劇的な勝利を飾ったとはいえ、16位と低迷する磐田相手に、前半から主導権を握ったのはベガルタ
 

DSC_0121_20130714005950.jpg 

中央にくさびを入れて起点を作りながら、磐田ゴール前に迫ります。
 

DSC_0125_20130714005951.jpg 


赤嶺のこんなアクロバティックなシーンもありました。が、開始早々鋭い突破を見せたウイルソンにしろ、直後の赤嶺のごっつぁんのシーンにしろ、とにかくシュートが枠に飛ばないベガルタ。唯一枠に飛んだのは、右CKからウイルソンのヘッド。しかしこれは相手DFにゴールライン上で弾かれ、前半を0-0で折り返します。
 

DSC_0132_20130714005953.jpg 


すると後半、ペナルティエリア内の混戦から飛び込んだ小林を菅井が引っ掛けてしまいPK。これを前田に決められて失点。


どうしても勝ち点3が欲しいベガルタは蜂須賀に代えて武藤を投入、石川が左サイドに回り角田がCBに。するとベガルタの攻撃は一気に活性化。75分には武藤のパスから左サイドを突破したウイルソンがセンタリング。このボールに菅井がドフリーで飛び込む・・・ゴールを確信して立ち上がるサポーター・・・が、これも枠外。

さらに太田に代えてヘベルチを投入すると、試合は一方的なベガルタペースに。この2人のシュートは、とりあえず枠に飛ぶ。しかし、ヘベルチのFKはバーに弾かれ、得点ならず。
 

DSC_0137_20130714005954.jpg 


それでもベガルタは終了間際の89分、 鎌田の入れたハイボールを川口がフィスティングで弾いたところを、角田が左足でボレー。ボールはきれいな弾道を描いてポストに当たり、ゴールへ。ようやく同点!



DSC_0149_20130714010033.jpg 

結果、ベガルタは16位磐田に1-1のドローで、この日勝ったFC東京、柏に交わされ10位に転落は、下位との3連戦3連勝で上位を伺うはずが、結果は1勝2分で下位3連戦前と同じ順位じゃないか!おおいに不満です。これでは賞金圏すら難しい。勝ち切れずに引分けが多く、2011年に戻ったような展開。

チームにとって守備が重要なのは十分理解したうえで、それが上位に位置する強いチーム相手ならばわかりますが、なんでチーム力が噛み合っていない下位相手に最初から圧倒できないのか。この日の残り20分の攻撃力をスタートから発揮できないのか。

試合を支配しながら得点を奪えなかったベガルタですが、武藤、ヘベルチが入ってからのベガルタは、一気に得点の匂いがしてきました。こうなればスタジアムも盛り上がります。サポもこの20分は楽しかったし、そういう試合を見せてくれれば、自然と観客動員も増えるのでは。この日のヘベルチは守備も一所懸命だったし、試合に出たい選手の気持ちをしっかり活用して欲しい。

2009年、J1を目指して、それを実現したベガルタ。2012年、ACLを目指して、それを実現したベガルタ。そして今年の目標は「タイトル」ではなかったのか?そのタイトルは、得点を奪わなければ、そして勝たなければ絶対に獲得できません。首位大宮が敗れたとはいえ、勝ち点差は14。これを詰めるためには、「引分け」は不要。残り18試合は1勝2分ではなく、2勝1敗のサッカーに期待したいところです。そのペースで行けば2位の昨年を上回る勝ち点58にはなりますし。


 


ユアスタでAURAを 【J特】

~今日の風~

DSC00657.jpg 

光に向かってジャンプ!


1勝1分で迎えた下位3連戦のラストは磐田戦。その磐田は川口、前田、駒野、伊野波という代表クラスに加え、若手の小林裕、山田、金園など豊富なタレントを抱えながら、今季は開幕から7試合勝ちなしと躓き苦しいシーズンに。

5月には不振から森下監督を解任、元オリンピック代表の関塚監督が就任し、前節、新潟に先制されるも、交代出場した金園が同点ゴール、さらに交代出場した山崎がアディッショナルタイムに逆転ゴールを決め、新体戦初勝利を劇的な逆転勝ちで飾り、勢いに乗ってユアスタへ乗り込んできます。

元々選手のレベルが高いチームなので、実は下位3チームの中で一番強いかも(変な表現だけど)しれませんから要注意ですね。

しかし、ベガルタはその磐田とは、入替戦で辛酸を味わうなど、J2時代は歯が立ちませんでしたが、J1昇格以来の成績は2勝4分と相性抜群に。ただ、何故かユアスタでの試合は撃ち合いになることが多く、3年間のスコアは3-0、3-3、2-2。下位相手に2試合連続無失点だったディフェンスが磐田に対しても機能するかが、勝利に向けての鍵になりそうですね。

そして攻撃陣。相手のタイミングを外したり、予想を上回るプレーをどれだけ見せてくれるか、さらにボランチ~DFラインがボールを保持した際、次のプレーへの判断を迷わず素早く確実に展開できるかが、勝利に向けてのポイントかな。

どんな形でもいいので、希望は一つ。ホームユアスタで何としても2か月ぶりのAURAを歌わせて欲しいということですね。

ベガルタ仙台 築きあげよう
時を越えて 君と僕らの 一番のメッセージ
Oh, 仙台 We are feelin' love together
輝き放つ空の下

歌詞、忘れてないよね?

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


2か月ぶりのAURA 【J特】

大分トリニータ 01 ベガルタ仙台
43分 菅井

前半17分の大チョンボには本当に驚きましたとも!何ですか?卓人を代表入りさせるために見せ場を作ったんですか?


何はともあれ、菅井の今シーズンリーグ戦1号で首位大宮を破った5月11日以来、ちょうど2か月、7試合ぶりの勝利です。最下位相手に僅か1得点は不満ではありますが、得失点差が0となり、順位も8位にちょっぴりだけ浮上。

ただ、ズデンコ大宮はこの日も勝って4勝1敗と、ベガルタに敗れて以来再び無敗継続で、勝ち点差は15のまま。FC東京に2点のビハインドを追いついた2位浦和とも10差。ベガルタが「優勝」を狙うのであれば、もはや残り試合を無敗で行くしかない崖っぷちです。

ベガルタの武器であったセットプレーにしても、この試合でも11本あったCKから得点が奪えない(角田のドフリーはあったけど)など、研究されている感がありますね。

とはいえ、ここまでの前半戦、ベガルタはその首位大宮に勝ち、2位浦和、4位横浜FMには引き分けてるんですから、勝負というものはわからないものです。15試合で敗れた試合は4つだけ。ただ14位以下に4試合で1勝3分が痛い。次節の磐田戦を含め、如何に中位~下位からしっかり勝ち点を奪えるかが浮上のカギ。今日の勝利を自信に変え、決めるところを決めて、次節は2か月ぶりのAURAをホームで歌わせて欲しいですね。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 

10年越しのリベンジ 《太平楽》 【J特】

~今日の風~

DSC00656_20130709225206.jpg 

何か光ってる


再開初戦を勝ちきれなかったベガルタに、次の勝ち点3の「チャンス」がやってきます。

ここまで最下位の大分との過去の対戦成績は9勝1分10敗。その唯一の引き分けが2003年の最終節。勝ち点23で16チーム中15位のベガルタと、勝ち点25で14位の大分の対戦は、敗れた方がJ2降格という運命の一戦でした。

33,000人余の大観衆を集めた大分でのこの試合、ベガルタは前半、大分・梅田に先制点を許し、後半根本の同点ゴールで追いすがるも、勝ち越すことができずに涙の降格。大分は初のJ1昇格の年にJ1残留を決めたのでした。

何の因果か、このとき残留を決めた大分のヘッドコーチは手倉森誠氏。そして翌シーズンからテグさんはベガルタのコーチに就任。

残留を勝ち取った大分は、その後GK西川、DF森重、MF家長、金崎、菊地直、東など、名だたる選手を擁して2008年にはナビスコカップを制し、リーグ戦を4位で終えるなど躍進します。

一方、敗れたベガルタはJ1復帰まで6シーズンを費やすこととなり、ようやく2010シーズンからJ1復帰。ところが入れ違いに今度は大分がJ2に降格、さらにチームはスポンサーの撤退などで事実上経営破たん状態となり、主力選手の放出を余儀なくされ、空中分解。ある意味、2012シーズンの6位、そしてプレーオフを勝ち抜いてのJ1復帰は奇跡的でした。

そして2013年7月10日、ベガルタはあの涙の引き分け以来、実に10年ぶりに大分と対戦することになります。10年前に出場していた両チームの選手で今も残っているのは、大分の高松のみではありますが、チーム、そしてサポーターとしては、明日の試合で10年前の借りをしっかり返したいところです。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


ちょっと前、所用で奥さまと泉方面へ。用事を済ませて、さて、お昼は何を食べようか・・・そうだ、久しぶりにあそこへ。

太平楽

オープンした頃に訪れてから、とんとご無沙汰でした。この場所、4号線の反対方面から入りにくい場所ですしね。

 

DSC00908_20130709223815.jpg 

《あごだし中華そば 小 550円》

奥さまのオーダーは細ストレート麺のこちら。味付玉子トッピングです。シンプルなラーメンは、奥さまの好みだった模様。
 

DSC00905.jpg 


《あごダシラーメン 中 650円》

私は手もみ太麺のこちら。久しぶりに頂きましたが、スープはあごダシの香りがなかなか。手もみの麺はかなりボクボクした感じになっていました。
 

DSC00907.jpg 


隣にわが家の支店も出来ており、今後の展開が気になる太平楽でありました。

太平楽つけ麺 / 泉中央駅八乙女駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

湘南戦、行き場のないスコアレスドロー 【J特】

ベガルタ仙台 00 湘南ベルマーレ


帰りの地下鉄の車内には、梅雨のこの日よりもどんよりとした、サポーターの行き場のない気持ちが充満していました。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 



この日は川崎戦で躍動した武藤がリーグ戦初先発、梁がボランチに下がり、出場停止の鎌田の位置に角田が。

 

DSC_0068_20130707071033.jpg 

湘南の戦術か、大宮戦以来の逆サイドキックオフ。ま、あの時は勝ちましたけど。


DSC_0075_20130707071034.jpg 

試合は前半、ベガルタが試合して何度もチャンスを演出。
 

DSC_0077_20130707071035.jpg 

いつもと違った構成ながら、得点への期待は高まるが、ペナルティエリア内に8~9人もいるような湘南のDFに阻まれ、なかなか得点が奪えない。
 

DSC_0080_20130707071037.jpg 

前半攻撃の起点となった武藤が突破から抜け出して放ったシュートも、DFをかすめてバーの上。
 

DSC_0085_20130707071038.jpg 

セットプレーから石川のヘッドも・・・
 

DSC_0086_20130707071129.jpg 

叩きつけたボールは枠を捕えられず。武藤のボールタッチから決定的シーンを何度か生み出すも、結局スコアレスで前半を折り返す。


DSC_0087_20130707071131.jpg 

が!後半に入ると、どうしたベガルタ・・・永木、菊池を中心にした、さほどうまくもないと思う湘南のボール回しに翻弄されて徐々に押し込まれると、前半の躍動感がパッタリ止まるベガルタ。

ボランチでボールを保持した際に、出しどころがなくなって後ろでボールを回すばかり。前で飛び出してもタイミングよくボールが供給されず、ここは撃っておくべきミドルも撃たず、チームとしてどのように引いた相手を崩すのかがまったくわからない。もちろんサポにも伝わらない
 

DSC_0106_20130707071132.jpg 

結果、後半のシュート数は僅かに「3」。ラストプレーの中原のダイブ以外に決定機がほとんどないまま、まさかのスコアレスドローにスタジアムは不満爆発。
 

DSC_0110_20130707071134.jpg 

少なくても私たちは湘南相手にこんな試合を期待してスタジアムに来たわけではないし、ましてリーグ批判をしに来た訳でもない。

これでベガルタはナビスコ含め6試合勝ちなし。リーグ戦では4試合で得点は浦和戦の1点のみ。チャンスは作っても

「シュートが枠に飛んでない」

最近、ベガルタはことごとくシュートが浮く。ココというときに、地面を這うようなシュートが打てる練習を。シュートが枠に飛べば、セカンドチャンスも生まれるはず。


すぐにやって来る10日の大分戦。必須で課されたのは勝ち点3。選手が必死でこの課題をクリアしに行かなければ、今シーズンのベガルタの目標が消えてしまう。

リーグ戦再開は勝たねばならない湘南戦 《おばやん》 【J特】

~今日の風~

DSC00636.jpg 

なに?


W杯予選、そしてコンフェデレーションカップのため2ヶ月間中断していたJリーグがいよいよ再開です。

ACL出場
の過密日程もあって現在10位と出遅れているベガルタの再開初戦の相手は16位湘南。湘南はここまで13試合で26失点、1試合平均2失点とディフェンス面に弱点があり、つまりベガルタは湘南を1点以内に抑えれば勝てると言うことになります。

一方、湘南は得点源と期待されたキリノが開幕戦こそ2得点したものの、その後は沈黙。さらに古橋、中村、菊池とFWに故障者が続出したこともあって、ここまでリーグ最少11得点に留まっており、こちらも迫力不足であることは間違いなし。

となれば、ベガルタとしては是非とも無失点で勝利したいところですが、ナビスコ川崎戦では1-2、2-3と、2試合とも2点以上奪われてるうえに、鎌田が出場停止、広大が怪我で本職のCBは石川だけというスクランブル状態ですから、安心はできません。

それでも幸いこの中断でウイルソンがキレを取り戻しており、湘南相手に無得点ということはないでしょうから、あとは持ち味である堅守速攻に立ち返り、まずはしっかり勝ち点3を奪いたいところです。
ベガルタは湘南戦に続いて18位大分、17位磐田と、降格圏3チームとの3連戦になりますから、まずは湘南にしっかり勝って、ここから3連勝で上位に喰らい付きたいところですね。


↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


先日結婚した会社の後輩のお祝会に、両家の近くの常連店にやってきました。

おばやん

まずはお通しから。ラッキー、今日は鮪の握りに水雲でした。 


DSC00935.jpg 


この日はいいホヤが入っているというので、さっそく注文。今年の初物です。なかなかのサイズでお味も上々。
 

DSC00937_20130701071551.jpg 

《激辛ソースのフライドポテト 600円》

おばやんの名物メニューです。これだけでビール3杯イケちゃいますね。唇ピリピリ、ヒーヒー言いながら頂きます。
 

DSC00942.jpg 


《もっちり水餃子 720円》

ボリューム感たっぷりの水餃子。スープが美味しいね。アツアツを頂きます。



DSC00944.jpg 


《お刺身盛り合わせ 1,290円》

刺身の盛り合わせはたっぷりの量でこれまた食べ応えあり。こりゃ日本酒飲まなきゃね。


DSC00945.jpg 


おばやんの焼き鳥は岩手県産いわい鶏。炭火で焼くとカリッと仕上がって、中はジューシー。


DSC00952.jpg 


《熱々!石焼きじゃこめし 720円》

じゃこがたっぷり入ったご飯は、刻んだ梅がサッパリ感を演出。が!梅嫌いの奥さまは食べられませんでした。おこげがウマいんだけどねぇ。
 

DSC00955.jpg 

アツアツの料理をたっぷり楽しく頂きました。新婚家庭のアツアツのろけ話を聞きながら。


川崎F戦、脅威を与えることなく完敗 【J特】

ベガルタ仙台 23 川崎フロンターレ



 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


5月11日の大宮戦以来、約50日ぶりのユアスタです。で、結果については正直、怒ってますよ。なんで4試合連続勝ちがないのに、攻撃陣は同じ構成なんですか。
 

DSC01400.jpg 
先週のアウェイ戦で卓人がレッドのため、この日のゴールマウスは桜井。昨年10月10日の天皇杯熊本戦以来のゴールマウスです。
 

DSC_0069_20130701001953.jpg 
で、試合は開始早々に動きます。前半4分、右サイドでボールを受けたウイルソンがトラップ一発で相手DFを華麗に交わし、切り込んで左足を振りぬくと、ボールはゴール左に吸い込まれ先制。このまま1-0ならばベガルタが勝ち抜けるところでしたが・・・
 

DSC_0075 (1) 
直後の10分、富田のパスミスから一気にカウンター、蜂須賀と梁のギャップに走り込んだ中村憲がきっちり流し込んで同点。その後は川崎Fが試合の主導権を握り、ベガルタはミスも多くピンチの連続。

そして41分、GKを跳ね返されたボールをレナトが拾うとすかさず折り返し。ここに居たのはベガルタの選手2枚に川崎F3枚。これまた中村憲が代表らしい正確なキックで流し込まれて逆転を許してしまいます。この時点でベガルタは勝ち抜けにあと3点必要な状態に。

で、後半の立ち上がり、ベガルタが切ったカードは蜂須賀→松下。角田がCBに下がり、石川が左SBに。が、これが完全に裏目。角田の勝ちたい気持ちが空回りして、中央が一気に不安定になり、後半開始早々の50分、石川が持ち上がってボールを奪われると、空いた左サイドのスペースを使われ、そこからのクロスはいったん角田が掻き出すも、クリアが小さくなったところを直接叩き込まれて3失点目。これでベガルタは勝ち抜けるためにあと4点必要になり、事実上終戦

それでも55分、太田に替わって武藤が入ると、前線が一気に活性化。川崎Fが完全に引いたこともあって、ベガルタが攻勢に出ます・・・が!、いかんせん川崎Fと違ってシュートが枠に飛ばない

それでも68分、武藤が縦への突破からシュート、GKが弾いたところを詰めたウイルソンがこの日2点目。バイタルで自ら縦に行ける武藤の真価が現れました。本当は今日、スタメンで使って欲しかったが・・・



という訳で、後半は写真なし!



本日のベガルタのMVPはホヤT売り出して絶好調のベガッ太さん。アウェイサポにも子供たちにも大人気でありました。


 

DSC01403.jpg 


それにしても川崎Fの縦への早いパスには、いつもヤラれるなぁ。悔しいけれど、切り替えてリーグ戦上位を目指しましょう!

J's GOAL
最新記事
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー(月別)
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

ベガルタ仙台 サッカー 仙台 ユアスタ Jリーグ グルメ  ラーメン 日本代表 カフェ 楽天イーグルス 旅行 

1,110,481 +
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

さっかーおやぢ

Author:さっかーおやぢ
サッカー暦は小学4年から。現在は観る側専門に。タイトルに通り7年間ユアスタ自由南を根城にしていたものの、寄る年波から入場の行列に疲れ果て2012年よりSバックに昇格?しました。東北楽天は創立以来ゴールド会員で応援してます。オフシーズンネタとしてスタートした食べ歩きは、居酒屋からカフェ・スイーツまで、夫婦で食べ歩いた仙台のお店をご紹介しています。

リンク
RSSリンクの表示
ユアスタ自由南のQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。