スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追いつかれて痛恨のドローも、ACL出場は確定 【J特】

鹿島アントラーズ 3-3 ベガルタ仙台


前半、鹿島の起点となる小笠原を徹底的に潰しに入ってミスを誘うと、太田、菅井、朴のサイド攻撃が効いて、12分に菅井のクロスから赤嶺のゴールで先制。さらに高い位置でボールを奪うと、太田が切れ込んでシュート、曽ヶ端が弾いたところをウイルソンが詰めて2点目。

しかし、2失点後の前半、素早く動いた鹿島の効果的な交代が効きました。増田、本田に代えてジュニーニョ、本山を入れると、ジュニーニョがサイドを支配して鹿島が試合の主導権を握り返し、興梠が1点を返します。それでも39分、朴のクロスを赤嶺がアクロバティックに決めて3-1にし、ベガルタにとって前半は理想的な展開となりました。

ところが後半立ち上がり、大迫に早々に決められた2点目があまりにも痛かった。ベガルタはここから1点を「守る」事のみに45分間を費やすことに。前半の朴の負傷交代もあって、ますます両サイドを鹿島に支配され、中央では柴崎・本山が起点になり、ベガルタを攻めたてます。


対するベガルタは赤嶺に代えて柳沢を投入するも、中盤が下がってしまったことで前線が孤立し、効果的な変化をもたらすことが出来ず。

そして76分、柴崎~本山と浮き球で繋がれると、ベガルタのDFはこのクリエイティヴなプレーについて行けず、興梠にこの日2点目を豪快に決められてついに追いつかれてしまいます。その後はなんとか耐えて3試合連続の引き分け・・・

そう、この大切な時期に、これで磐田、C大阪、鹿島と3試合連続の引き分けなんです。1試合でも勝っていれば首位に返り咲いているはずが、広島に1差の2位。広島が浦和に敗れたにもかかわらず、追い抜くことが出来ませんでした。

残り2戦の相手は、ベガルタが新潟、FC東京。広島がC大阪、神戸。ベガルタが優勝するためには2連勝しかありません。そして広島が1つでも引き分けてくれることを願うのみ。

まずは次の新潟戦は必勝です。上本、朴が負傷、田村が出場停止と、DFが手薄にはなりますが、今日の3失点をしっかり立て直して、絶対に勝つしかありません。同じく2連勝しか残留の可能性がない新潟は、アウェイでも前がかりに来るはず。ベガルタがその裏を突いて先制すれば、新潟のモチベーションは下がるはず。最終戦まで優勝をもつれさせるために、今年最後のユアスタに、AURAを響かせよう。


さて、3試合連続の引き分けですが、それでも2節を残してベガルタの3位以内が確定しました。来季はベガルタ史上初のACL出場です。来季の出場をサラッと調べてみたら、こんな感じ?違ってたらすいません。

本大会出場枠(東地区)
日本:4チーム(サンフィレッチェ広島、ベガルタ仙台、リーグ3位、天皇杯優勝チーム)
中国:3チーム(広州FC、江蘇舜天、北京国安)
韓国:3チーム(FCソウル、全北現代、浦項スティーラース)
オーストラリア:2チーム(セントラルコースト・マリナーズ、ブリスベン・ロアー)
タイ:1チーム(ムアントン・ユナイテッドFC)
ウズベキスタン:1チーム
プレーオフ上位2チーム(韓国(水原三星)、中国(貴州人和)、オーストラリア(パース・グローリー)、タイ(ブリーラム・ユナイテッド)、インドネシア各1チーム出場)

16チームが4グループに分かれて戦うGroup Stageは上位2チームがround 16に進出。普通に考えて中国と韓国は1チームずつ入るはずですから、今の情勢を考えるとアウェイは大変だ。。。初戦が行われる来季2月までに、新政権が関係改善してくれていることを強く望みます。


↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


J's GOAL
最新記事
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー(月別)
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

ベガルタ仙台 サッカー 仙台 ユアスタ Jリーグ グルメ  ラーメン 日本代表 カフェ 楽天イーグルス 旅行 

1,110,481 +
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

さっかーおやぢ

Author:さっかーおやぢ
サッカー暦は小学4年から。現在は観る側専門に。タイトルに通り7年間ユアスタ自由南を根城にしていたものの、寄る年波から入場の行列に疲れ果て2012年よりSバックに昇格?しました。東北楽天は創立以来ゴールド会員で応援してます。オフシーズンネタとしてスタートした食べ歩きは、居酒屋からカフェ・スイーツまで、夫婦で食べ歩いた仙台のお店をご紹介しています。

リンク
RSSリンクの表示
ユアスタ自由南のQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。