スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初のアジア・アウェイは粘って勝ち点1 【J特】

江蘇舜天 00 ベガルタ仙台

ウイルソン、ヘベルチ、ジオゴ
のブラジル人トリオ初先発。ブラジル人3人がピッチに立つのは2010年3月13日の大宮戦でエリゼウ、フェルナンジーニョ、レイナルドが立って以来。3人先発となればさらに遡り、2007年5月23日の鳥栖戦でデニウソン、ロペス、ウィリアンが先発して以来、実に6年ぶりではないでしょうか。たぶん。

前半の中盤過ぎからは、そのヘベルチ、ジオゴが中心となってボールを握り始め、何度かチャンスを演出した時には、「これはイケる!」と思ったんですが、さすがにアジアのレベルはそう甘くはなかった。

後半に入るとホームの大応援(とレーザー攻撃?)を背に攻め入る江蘇舜天の一方的ペースに。その勢いは江蘇舜天が60分にFW、HAMDI SALIHIを投入するとさらに強まり、ベガルタは前線でまったくボールを保持できなくなってしまいました。

それでも、何度も迎えた決定的なピンチを、卓人が神セーブで防ぎ、卓人が抜かれて「ヤバい!」と思った瞬間、ゴールラインに戻っていた武藤が頭でボールを弾き出す(武藤は鋭いミドルシュートこそあったものの、もっと攻撃面で光って欲しかったが)など、ベガルタの守備の集中力は最後まで途切れず、貴重な勝ち点1をゲット。左SBに入った蜂須賀、初先発のジオゴが(多少の連係ミスもあったものの)しっかりといた守備で使える目途が立ったのも収穫。

ただなぁ。アウェイとはいえ、後半のシュートは1本あったかないか・・・これでは勝てない。赤嶺、太田、中原を投入も、前線でボールを保持するシーンがまったく作れず。ウイルソンが下がり過ぎるのも、あまりいいとも思えない。途中から4-4-2に変えても機能せず、DFもボールを前線にクリアするのが精いっぱいで、遠征の疲れもあってか、終盤はほぼサンドバッグ状態に。後半から強くなった雨がベガルタの勢いを削いでしまったかのよう。ホームでの対戦の際は、もう少しサッカーを見せて欲しいところ。

それでもブリラムが初戦大勝したFCソウルと0-0で引き分け(ブリラムの守備強し!)たことにより、ベガルタの2位は変わらず。次節、4月2日のこれまた過酷なアウェイ、FCソウル戦でもしっかり勝ち点をゲットして、折り返し3戦で決勝進出を勝ち取って欲しいですね。


↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


J's GOAL
最新記事
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー(月別)
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

ベガルタ仙台 サッカー 仙台 ユアスタ Jリーグ グルメ  ラーメン 日本代表 カフェ 楽天イーグルス 旅行 

1,110,481 +
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

さっかーおやぢ

Author:さっかーおやぢ
サッカー暦は小学4年から。現在は観る側専門に。タイトルに通り7年間ユアスタ自由南を根城にしていたものの、寄る年波から入場の行列に疲れ果て2012年よりSバックに昇格?しました。東北楽天は創立以来ゴールド会員で応援してます。オフシーズンネタとしてスタートした食べ歩きは、居酒屋からカフェ・スイーツまで、夫婦で食べ歩いた仙台のお店をご紹介しています。

リンク
RSSリンクの表示
ユアスタ自由南のQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。