スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水戦、敗戦は相性以前の問題で 【J特】

清水エスパルス 20 ベガルタ仙台

まあ、何というか、前半はお互いにミス連発の凡戦でした。


ベガルタはヨンアピンを怪我で、バレーを出場停止で欠く清水相手に立ち上がりこそゲームを支配するも、14分、ウイルソンのセンタリングをドフリーの赤嶺が外したあたりから完全に迷走。逆に若手主体の清水は徐々に勢いを増してきました。

その立役者が、Jリーグ初出場となった清水MF六平父親以上の強面でベガルタのボランチ、特に角田に高い位置から徹底してプレスをかけると、梁が不在のベガルタは中盤で全くボールを保持できなくなり、結果、ボールをDFラインに戻しては、さらにプレスをかけられ、慌ててただ蹴り込むだけの無策なサッカーに。

さらにベガルタはピッチ状態が合わないのか、クリアボールを相手に引っ掛けられたり、トラップミスを繰り返すなど、プロらしくない軽率なプレーを連発。特に蜂須賀は集中力を欠いたプレーを連発するなど、最悪のパフォーマンスで前半で退くことに。なにも石川が左SBの練習したからって、ポジション譲るようなプレー見せることないのに。清水の若手が躍動したのに対して、同じ年代の選手なのに、余りにも情けない。

終盤、中原を加えて高さを武器にようやく攻勢をかけ始めるも、こういう時はこぼれ球がベガルタ寄りに転がらない。落としたボールはことごとく清水DFの足もとに。決定的チャンスは、これまたリーグ戦初出場のGK櫛引に阻まれ完封負け。ベガルタは櫛引がいた青森山田との練習試合でも負けてるから、ある意味2連敗だね。

今日の試合に限って言えば、清水に相性が悪い以前に、ベガルタの出来が悪すぎました。前節の横浜FM戦に続いて、得点の匂いが薄い、正直「つまらない」試合。しかも折り返しの浦和との最終戦を前に角田が3試合連続のイエローを受け、次節出場停止。痛すぎます。

という訳で、次節はその中盤のキーマン角田を失っての浦和戦。首位大宮に勝ち点16差と離され、ここまで4勝4分4敗となったベガルタ。少なくても今までのパフォーマンスでは上位を狙えないことは明らかになった以上、ヘベルチ、ジオゴ、奥埜といった新たな戦力を活用して変化を加えないと、このままズルズル落ちて行ってしまいそうな予感がします。

相手の浦和が中2日で、ベガルタが中3日?そんなことを「有利だ」と考えているようでは、また勝ち点を失うでしょう。アドバンテージはベガルタが相手を上回るパフォーマンスを見せて初めて、その効果が表れるものですから。


↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


J's GOAL
最新記事
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー(月別)
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

ベガルタ仙台 サッカー 仙台 ユアスタ Jリーグ グルメ  ラーメン 日本代表 カフェ 楽天イーグルス 旅行 

1,110,481 +
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

さっかーおやぢ

Author:さっかーおやぢ
サッカー暦は小学4年から。現在は観る側専門に。タイトルに通り7年間ユアスタ自由南を根城にしていたものの、寄る年波から入場の行列に疲れ果て2012年よりSバックに昇格?しました。東北楽天は創立以来ゴールド会員で応援してます。オフシーズンネタとしてスタートした食べ歩きは、居酒屋からカフェ・スイーツまで、夫婦で食べ歩いた仙台のお店をご紹介しています。

リンク
RSSリンクの表示
ユアスタ自由南のQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。