スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本、5大会連続で世界の舞台へ 【J特】

日本代表 11 オーストラリア代表


日本は敗戦濃厚のロスタイム、本田がPKを決め、5大会連続のワールドカップ出場を決めました。ついでに深夜のゲームでオマーンがイラクに勝ち、日本のグループ1位も確定しました。

が!


前半から完全にボールを支配しながら、流れの中で得点を奪えなかったことは、大きな課題ですね。バイタルでの細かい崩しなどはこれまでの代表には見られなかった技術の高さ、意思疎通の高さは感じますが、ラストパスがことごとくオーストラリアDFのリーチの長い脚に引っかかっていました。後半は香川→本田のホットラインも徹底的に狙われていましたし、前田、ハーフナーにも、相手DFを強引にこじ開ける「強さ」が感じられませんでした。世界王者のスペインならば、あのバイタルでの細かい繋ぎから、もう1つ大きめのスルーパスを決めて、決定的なシーンを作ってきます。

とはいえ、以前は強さを感じていたオーストラリアにそういう日本のストロングポイントを「研究」される立場になっていた訳ですし、守備面でも危ない場面は中央を割られた2度ほど。オーストラリアの武器である高さは完全に封じていましたから、日本はそれだけ進化したという事でもありますね。

この試合でワールドカップ出場を決めたため、日本はGroupB最終戦の11日、すでに敗退が確定したイラクとは、コンディションを考えサブ組主体で戦えることになります。つまり直後の6月15日から開催されるコンフェデ杯では、コンディションを整えたフルメンバーで戦えることにもなりました。

現在FIFA世界ランク30位の日本が、19位ブラジル(最近不調とはいえ、ブラジルの19位はないと思うけど)、8位イタリア、16位メキシコといった世界の強豪にどれだけ通用するかを試す絶好のチャンス。是非勝ち抜いて、世界王者スペインとの対戦を実現させてくれれば、6月はさらに眠れない夜が続きそうです。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 



この試合を見ていて・・・本田の真の凄さは、自分の持つ弱い心をビッグマウスで奮い立たせ、自分自身に絶対に負けないと誓うこと。PKを最低限枠から外さないためのど真ん中。そこで改めて本田のナーバスになった心の揺れと、それに立ち向かおうとする強さを感じました。

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

減速生活者 : 2013/06/10 (月) 17:31:37

 本田選手の大口は,正にそのとおりだと思います。
 しかしながら,PKを真正面に蹴り込むメンタリティも尋常ではありませんね。
 コロコロの方がまだ得心します。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


J's GOAL
最新記事
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー(月別)
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

ベガルタ仙台 サッカー 仙台 ユアスタ Jリーグ グルメ  ラーメン 日本代表 カフェ 楽天イーグルス 旅行 

1,110,481 +
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

さっかーおやぢ

Author:さっかーおやぢ
サッカー暦は小学4年から。現在は観る側専門に。タイトルに通り7年間ユアスタ自由南を根城にしていたものの、寄る年波から入場の行列に疲れ果て2012年よりSバックに昇格?しました。東北楽天は創立以来ゴールド会員で応援してます。オフシーズンネタとしてスタートした食べ歩きは、居酒屋からカフェ・スイーツまで、夫婦で食べ歩いた仙台のお店をご紹介しています。

リンク
RSSリンクの表示
ユアスタ自由南のQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。