スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャレンジを恐れたチームに勝利はない 【J特】

ナビスコカップ 決勝トーナメント1回戦
川崎フロンターレ 21 ベガルタ仙台



この中断期間、ベガルタはいったい何をやっていたんだと思ってしまった試合。



武藤もヘベルチも勇人もジオゴも出場せず、怪我で欠場の角田→松下はあったものの、先発は相変わらずのメンバー、そして中断前の数試合から引き続き、相変わらず得点の匂いがないプレーに終始。

監督は試合後のコメントで審判に文句言ってますが、まあ、確かにこの試合の審判は下手ではあったけど、川崎F側にしたら、その前にレナトが倒された時点でPKですから!って思ってるでしょうし、どっちもどっちです。あれがPKではなく、パトリックのプレーがPKなのがジャッジとしては不思議なだけ。

ベガルタは前線~中盤でボールを受けた際に、梁以外はまず前を向くという意識が薄い。結果、相手DFの穴を素早く突くことができない。この辺りは香川のプレーを見習って欲しいところ。まあ、それが出来ればマンチェスターUからオファー来ちゃうけどね。でも、ヘベルチはもっとそのあたりができるんじゃないかと。前線も今シーズンなかなか得点という結果を出せずに苦悩している赤嶺に代えて、ウイルソン・武藤でチャレンジしてみるとか、ナビスコだからこそ出来ることをやって欲しい。

サイド攻撃にしてもクロスの精度が散々。これだけメンバーを固定気味にやって来てるのに、太田にしろ蜂須賀にしろ、どれだけノーチャンスのセンタリング上げたことか。DFに当たった蜂須賀のミドルは魅力的な軌道ではあったにせよ。


ベガルタはこれまで、一発勝負のトーナメントでどれだけ苦戦してきたか。「初戦は0に抑えて、2戦目に賭ける」とか、「前半は0で行って、後半に・・・」と言って失敗してきたか。

失うものがないトーナメントだからこそ、次のホームでは武藤、ヘベルチを頭から使うなど、攻撃的な布陣によって川崎Fに「今日のベガルタはいつもと違う!」と、是非とも慌てさせて欲しいと思う。攻めて敗れるなら仕方ない。守っているうちにアクシデントで失点(例えそれがミスジャッジでも)するようならば、ベガルタの初タイトルの夢はあっさり消え去ってしまいます。いつもと同じではトーナメントは勝ちあがれないよ、たぶん。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


J's GOAL
最新記事
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー(月別)
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

ベガルタ仙台 サッカー 仙台 ユアスタ Jリーグ グルメ  ラーメン 日本代表 カフェ 楽天イーグルス 旅行 

1,110,481 +
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

さっかーおやぢ

Author:さっかーおやぢ
サッカー暦は小学4年から。現在は観る側専門に。タイトルに通り7年間ユアスタ自由南を根城にしていたものの、寄る年波から入場の行列に疲れ果て2012年よりSバックに昇格?しました。東北楽天は創立以来ゴールド会員で応援してます。オフシーズンネタとしてスタートした食べ歩きは、居酒屋からカフェ・スイーツまで、夫婦で食べ歩いた仙台のお店をご紹介しています。

リンク
RSSリンクの表示
ユアスタ自由南のQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。