スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中断前の広島戦、王者を下し4連勝


この日の審判は西村雄一、相樂 亨、名木利幸のワールドカップ代表トリオ。

DSC_0003_20140518232349215.jpg

赤嶺に対する後ろからの飛蹴りもカードを出さなかったのは、早くも南米仕様のジャッジだから?

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

仙台ブログ


創建ホームマッチデーの招待客で久しぶりの18000人台。普段は空席が目立つSバック上段はレプを持たないサポーターを中心に満席。どうやら初観戦の方が多そうですし、こういう日は是非とも素晴らしいパフォーマンスを発揮して、再びスタジアムに足を運んでもらえるようにしたいところです。

DSC_0029_20140519064234f86.jpg

試合は広島のキックオフでスタート。

DSC_0005_2014051823235008b.jpg

試合は前半16分、太田の突破で得たスローインを、ウイルソンがダイレクトで折り返し、赤嶺が下がりながらのボレー。これには相手の某キーパーもまったく反応できず、電光石火のゴールでベガルタが先制!

DSC_0006_20140518232352d7d.jpg

広島はACL遠征を含む11連戦の影響か全体に体が重そうで、ボールに対する出足はベガルタが上回ります。どうやら広島は疲労を考慮して前半は体力温存の戦術の様子で、前半はベガルタリードのまま終了。

DSC_0007_2014051823235325b.jpg

チアリーダー、今年は人数も増えて、ハーフタイムには新しいパフォーマンスも。もっと拍手してあげたいですね。

DSC_0012_20140518232354add.jpg

広島は後半開始から日本代表の青山を投入し逆転を狙いに来ます。そしてホーム側に某キーパー。ボールが渡るたびに大ブーイング。そのせいか、某キーパーは素早いボールの返しが目立ちます。

DSC_0013_20140518232854401.jpg

広島は高い位置に居座るミキッチ、清水から何度もサイドを崩しにかかりますが、ミキッチに対しては石川直と梁が、清水に対しては菅井と太田が、常に複数で囲い込んで、フリーでの決定的チャンスを作らせません。逆にベガルタはカウンターから両サイドが上がった広島DFの裏を突き、何度もチャンスを作ります。

DSC_0015_2014051823285586b.jpg

ウイルソンのスルーパスから赤嶺のループは、惜しくもバーの上

DSC_0018_2014051823285650c.jpg

ウイルソン が 突破からシュートを放つも、ボールは惜しくもゴール左へ

DSC_0027 (1)

ウイルソン 、今度はシュート性のクロスをあげるが、惜しくも赤嶺触れず

DSC_0033_20140518233034efe.jpg

何度も惜しい場面を作りながら、試合を決定づけられないのは、これまた昨年までのベガルタが帰ってきたということか・・・。しかし、守備陣の奮闘、そして新ボンバーイエ健太郎の好守もあって、長めのロスタイムを守りきり、J1再昇格以来初めての対広島戦勝利。

DSC_0039_2014051823303697c.jpg

もちろん、今日の広島のパフォーマンスが本来の広島の姿だとは思いませんが、勝ちは勝ち。しかもこれで5月は4連勝となり、順位も11位浮上です。

しかし、「買って兜の緒を締めよ」です。11位と言っても降格圏の16位G大阪とは勝点差は僅かに「3」。12位横浜FM、13位C大阪は1試合少ない結果ですし、他チームに比べて圧倒的に悪い得失点差のビハインドを考えると、まだまだ安心するわけには行きませんね。

DSC_0046_2014051823303969d.jpg

とはいえ、今年のJリーグはここまで14節を終えて首位浦和ですら既に3敗、12位横浜FMまでの勝ち点差が12と、他を圧倒するチームがいない混戦模様ですし、ACL組のハードスケジュールに起因するここまでの苦戦、さらにW杯後の選手移籍などを考えると、再開後はさらに混戦に拍車がかかりそうな状況です。

ベガルタにしても上を見ればACL圏内の3位神戸とは僅か勝点6差と、まだまだチャンスはありますから、代表組がいない事を利点に、この中断期間中にもっともっと連携を高めて、さらに上を目指して欲しいですね。

王者広島を叩くなら、疲弊している(ちょっと古いが)今でしょ!


前節、C大阪を粘りで下し、3連勝と勢いに乗って降格圏を脱したベガルタ。その原動力は何と言ってもウイルソン&赤嶺の復調が大きいですね。加えてC大阪戦では梁が決勝点と、主力の活躍しての勝利は、勢いが増します。

今年出場機会を得ている武藤、関、 さらに 武井や八反田といった新戦力も力を発揮し始め、結果的に前半戦での主力の怪我が、若手に出場機会を与えるというプラスの方向に働いています。この若手のベースアップに加え、W杯中断明けには多くの選手が怪我から復帰しそうですから、選手層に厚みを増したベガルタの反抗がますます期待できそうです。

そんなベガルタの中断前最後の相手は、2年連続王者の広島です。その広島にとの2010年の昇格以来のリーグ戦対戦成績は、

2010年 △1-1 ●0-1
2011年 △0-0 △0-0
2012年 △2-2 ●1-2
2013年 ●0-2 ●0-1

そう、4分け4敗で一度も勝っていないのです。実際、広島には中盤で確実にボールを繋がれて、ベガルタの特徴であるプレスをかけることができず、結果的にアイディアあふれる広島の攻撃の前に耐えきれず失点してしまうというパターンを何度も見せられてきました。

しかし、今回、その広島は水曜日に移動距離のあるアウェイ・シドニーでACLを戦い、しかも敗れてACL敗退が決定と、かなり疲労感が大きいはず。ここは広島以上に確実にボールを動かすこと、そして最後まで相手より走り抜くことにより、リーグ戦での勝利を得るチャンスが生まれそうです。

私、この試合のベガルタのキーマンは、 武井ではないかと思っています。中盤で奪ったボールを素早く確実に展開するという 昨年までの4年間 ベガルタになかった力が発揮されれば、きっとベガルタにリーグ戦4連勝をという結果が生まれると信じます。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 

神戸戦、この雰囲気こそ、ユアスタだ!

ベガルタ仙台 43 ヴィッセル神戸

DSC_0058_20140508072342c0d.jpg 

前半終了時点でこの結末があり得ると思っていたのは、ユアスタで岡やん1人だけでは。


ところで、バックスタンドで売っているソーセージのケチャップ&マスタードのかけ方は完ぺきです。

DSC_0988.jpg 

それでは試合に。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 


連休最終日とあって、この日のユアスタでは様々なイベントが。まずはエントランスで2日が誕生日のベガッ太がお出迎え。

DSC_0982.jpg 


北ゲート前ではサクランボの種飛ばし大会。優勝者は14mオーバーとか。凄い。


DSC_0983.jpg 

そしてこの日の影のMVP岡やん登場。相変わらずオモロイ!


DSC_0002.jpg 

試合前には娘2号好きな、地元で活躍するニホンジンのライブも。


DSC_0985.jpg 

そして試合前のメインイベントは、ホヤッ太・・・いや、ベガッ太さんの誕生日会。もちろん今年もプレゼントは大好きなホヤ。


DSC_0020_20140508071843555.jpg 

さて、試合はいきなりですが後半です。(前半は振り返りたくもない!)
0−2で折り返した55分、ペナルティエリア内でウイルソンが切り返すと、相手DFの足が絡んで転倒。このプレーにこの日、J1初ジャッジの池内氏は毅然とペナルティスポットを指差してくれました。これをウイルソンが自ら決めて1−2。


DSC_0034_20140508072339ffe.jpg  

エースの今季初ゴールに興奮冷めやらぬ57分、相手がドリブルミスでタッチを割ると、そのスローインから太田→赤嶺とつなぎ、赤嶺のループ気味のスルーパスにウイルソンが反応、ゴール左サイドに冷静に流し込んで同点!

DSC_0037_2014050807234103d.jpg

その後、72分に一度は小川のゴールで突き放されるも、直後の74分に太田が今季初ゴールを決めて再び同点。さらに2分後の76分、関のパントを相手DFがクリアミスしたところを武藤が攫って、そのまま左サイドから振り抜くと、ボールはゴール右サイドに決まってついに逆転!!!スタジアムは狂喜乱舞。もう、写真なんか撮ってる暇ないし!

その後、前線に人数を増やして同点を狙いに来る神戸に対し、ベガルタは最後まで走りきって守り、関の好セーブもあって、ついに昨年10月以来半年ぶりのホームでの勝利。

DSC_0055_201405080723414f4.jpg 


結果、神戸のミスをことごとく点に結びつけたベガルタが、昨年の大分戦以来となる後半4得点で大逆転勝ち。今季リーグ戦初ゴール3人で、今季ホーム初勝利。

DSC_0058_20140508072342c0d.jpg 


ハーフタイムに岡やんが披露した山形戦逆転劇のエピソードがそのまま再現したかのような勝利に、久しぶりに選手とサポーターが一体感のある素晴らしい 「ユアスタ」を感じることが出来ました。(神戸の選手にとっては恐ろしさでしょうけど)


DSC_0071_2014050807234412f.jpg 


そして半年ぶりのユアスタでのAURA。この日のように最後まで走り切る姿、そしてスリリングな展開を見せてくれれば、観客動員数も間違いなく増えることでしょう。次のホーム戦には結弦くんも来てくれそうですから、久しぶりの18000人超え、満員のスタンドに期待です。


DSC_0073_20140508072501763.jpg 


徳島でようやく今年初のAURAを

徳島ヴォルティス 01 ベガルタ仙台

DSC00495 (1) 

ちょっと出遅れましたが・・・徳島で今シーズン初の生AURA


peachで関空まで、そこから南海フェリーで徳島入り。やってきました、ポカリスエットスタジアム

DSC_0861.jpg 

A

DSC_0870.jpg 


ウイルソンがけがで欠場のため、赤嶺のパートナーには武藤。ボランチに武井が入り、CBに角田

DSC00491.jpg


ホーム側からアウェイ側に強い風が吹くポカスタ。トスに勝ったベガルタは風上を選択。

DSC00484.jpg 


その優位さを活かして前半から主導権を握るベガルタ。正直、ボールへの集散や次のプレーへの予測はベガルタが一段上。

DSC00487.jpg 

次々とチャンスを作り出すベガルタですが、肝心のゴールがなかなか生まれず。
DSC00488.jpg 

待ちに待った歓喜は前半40分。石川のクロスに反応した赤嶺が、中央で絶妙のトラップから左足でゴール。

DSC00492 (1) 


後半は風上に立った徳島が徹底的な縦ポンを慣行するも、偶発的なチャンスを望むだけでは、J1では通用せず。ベガルタ守備陣がことごとく跳ね返して、そのまま試合終了。

DSC00497_201405072235471b5.jpg 

私自身、今シーズン初の生AURA。やはりサッカーは勝たないとつまらん!おかげで徳島市内で行われた祝勝会は大いに盛り上がりましたとさ。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 

いざ徳島へ!

~今日の風~

DSC_1698_20140502060821831.jpg 

お気に入りの箱から


いま話題のpeachで仙台を発ち


関空経由、さらに和歌山港からフェリーで徳島に入りました。



同じルートで入るベガサポさんの姿もチラホラ。しかし、徳島は遠い!朝、仙台を発って、鳴門着は18時。約10時間の旅でした。



ホテルの窓からはしっかり明日の戦いの場が見えます。



とりあえず徳島出身の友人に教えてもらったお店で晩酌兼夕飯。



まずは天然桜鯛とはりいかの盛合せで冷酒を。身が締まっていて、甘味があって、たいへん美味しゅうございます。



締めには鯛釜飯と悩んだ末、釜揚げしらす丼に。このしらすが、メチャ旨い!



しっかりエネルギー補給して、さあ、明日は勝点3をお土産に持って帰ります。

↓クリックして頂けると励みになるのでよろしくお願いします↓

 人気ブログランキングへ 仙台ブログ 

<<PREV | | NEXT>>

J's GOAL
最新記事
最新コメント&トラックバック
Comments<>+-
Trackback <> + -
カレンダー(月別)
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

ベガルタ仙台 サッカー 仙台 ユアスタ Jリーグ グルメ  ラーメン 日本代表 カフェ 楽天イーグルス 旅行 

1,110,481 +
ただ今の閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

さっかーおやぢ

Author:さっかーおやぢ
サッカー暦は小学4年から。現在は観る側専門に。タイトルに通り7年間ユアスタ自由南を根城にしていたものの、寄る年波から入場の行列に疲れ果て2012年よりSバックに昇格?しました。東北楽天は創立以来ゴールド会員で応援してます。オフシーズンネタとしてスタートした食べ歩きは、居酒屋からカフェ・スイーツまで、夫婦で食べ歩いた仙台のお店をご紹介しています。

リンク
RSSリンクの表示
ユアスタ自由南のQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。